男友達とはしゃいでいたら… - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
阿妻 靖史
(パーソナルコーチ)
佐竹 悦子
(婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男友達とはしゃいでいたら…

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
[2863] さや

マーチン先生、こんにちは。
さや、35歳です。彼の事でご相談です。

彼は友達と毎月音楽イベントをしているのですが、よく元カノも遊びに来ています。その時に元カノと仲良く話しているのを見て、いつも嫌な気持ちになります。(喋るのは仕方ないと思い我慢しています)

何とか自分の気分を上げようと、男友達(彼と共通の友人)とはしゃいでいた所、彼の気分を害して喧嘩になりました。一旦仲直りしたのですが、後日、「調子に乗って男とフラットに接する、そういう性格だと知ってるけど、これからも直る訳がない。距離を置きたい」と言われ今月は会っていません。

先日メールで「軽率な行動をとってごめんなさい」と謝罪した所、

「今はイヤな気持ちとかではない。人として嫌いになる事はないけど、彼女として一緒にいるのは気持ちがついて行かない。どうしたらいいか自分でも分からない」

「そうだよね。会いたくはない?」

「今は会いたくない。会っても彼女として接することが出来ない。」

「わかったよ。会わないでおこう」となりました。

私は、彼から連絡が来るまで、何もせずそっとしておいた方が良いのでしょうか? 彼とはイベントでこの先も会う事があります。また彼女として元に戻れますか? 宜しくお願い致します。


さやちゃん

こんにちは、マーチンです。
ご相談拝見いたしました。

まず「どうしたらよいか」からお話させて頂きますと、僕はこちらから再度お詫びをする方が良いと思います。こういう場合は、彼からの連絡を待っておくとズルズル自然消滅の方向に行く可能性が高いです。

なぜかと言いますと、彼は元カノと仲良くしているということでした。また、ライブイベント(だと思います)を開催していたら、ファンの女の子もいることでしょう。こうなると、わざわざ仲直りしなくても気が紛れますので他に行ってしまう可能性が高まるのです。ですので、こちらから再度お詫びを伝える方が良い、ということです。

仲直りできるかは、正直なところ……難しい可能性の方が高いと思うのですが、それでも連絡を待つよりは良いと思います。また、お詫びをするならです。こちらのお話が本題になるのですが、彼の性格を心から許してあげられるかが問われると思います。

彼は、ハッキリ言って自分勝手極まりない人だと思います。自分は元カノと親しげにしておいて、自分の彼女が男性と話をするのは許さない。これって、ありえない!と僕も思います。これを建前ではなく、本当に受け入れられるかどうかが大事になるということです。

そうでないと、またさやちゃんが気分を害してケンカをしたり、他の男性と親しくしてしまいかねませんからね。また、仲直りをするならば、次のような連絡が良いと思います。

「この前は嫌な思いをさせてしまって本当にごめんなさい。なんてバカなことしたんだろうって、凄く反省してます(;_:)

 もう○○さんが嫌な思いをするようなこと絶対にしません。また二人で仲良くしたいです。お願いします(>_ 「そうだよね。会いたくはない?」

このような話の仕方は、悪い方向に自分で誘導してしまいますのでしないようにしましょう。上記例文のように、仲直りしたい方向に話をするように心がけてくださいね。

この度は、ご相談頂きありがとうございました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
無料 相談掲示板 悩みの足跡、
ご相談募集中です!今なら早くお返事ができます

個別相談 の ご案内
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。