10年前の肩こり - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

10年前の肩こり

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は女子大生の日です。

・・・自分の約半分の年齢か・・・年取ったなぁ・・・

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

身体に対する認識について、肩こりなどの症状も踏まえながら確認をしてきました。

 

私自身が一番最初に身体への興味を持ったのは、20代最後に発症した強度の肩こりでした。

ある日、気がついたら(物理的に)首がまったく回せなくなってしまい・・・

左右にそれぞれ5度くらいずつしか動かないという、なんとも情けない状況に。

 

当時は税理士として開業をしたばかりで、兎にも角にも「新しいお客さんを増やさないと!!」とがむしゃらになっていました。

ともかく仕事を取ってきて、少しでも売上を伸ばして、なんとか家族を養って…と必死になっていたことをよく覚えています。

 

もちろん、その時の努力があったからこそ、こうしてなんとか10年弱ほど税理士を続けられているわけですが・・・

ただ、当時の自分に何か一言言えるとすれば

 

「まぁそんなに肩肘張るなよ」

 

と端的に伝えます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の加算(2017/10/23 07:10)

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

このコラムに類似したコラム

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)

なんでお金が残っていないのか理解できない人 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/26 07:00)

現預金残高は嘘をつかない 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/25 07:00)

全体と部分のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/16 07:00)