彼が嘘をついていたことがショックでした - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)
阿妻 靖史
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

彼が嘘をついていたことがショックでした

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題
[2355] ぴろ

はじめまして。ぴろと申します。
私は先月8ヶ月お付き合いした彼と別れました。

私は過去の恋愛から恋愛が怖く、10年以上彼氏がいませんでした。でもこのままでは良くない!と思ったとき彼に出会いました。彼もまた、過去の恋愛で必ず浮気をされて別れるというトラウマのある人でした。

何度か会っていろんな話をするうち、私は彼といる空間に居心地のよさを感じ、彼となら恋愛できるかもとお付き合いをスタートさせました。

付き合ってすぐ「実は家族の変わりに自己破産をしている。自分は家族の犠牲になった」と言われ、自己破産なんて身近にない話でしたが彼を信じました。無駄遣いもしないし、まじめに働く彼をどんどん好きになり、彼の家族になりたいと思うようになりました。

そして先月、彼から結婚について私の意志を確認され、私は家族になりたいと伝えました。その翌日、彼から話をしようと呼び出され「実は過去に2回結婚していた。どちらにも子供がいる。でも自分は結婚したい」と告白されました。

私は頭が真っ白になり、その日は二人で頑張っていこうと言いましたが、翌日から私はパニックになりました。そして考えれば考えるほど彼が信用できず、何よりも嘘つきが嫌いな彼が私にずっと嘘をついていたことがショックでした。そして卑怯と思いましたが、彼には会わずメールで別れを伝えました。

とても悲しかったのですが、私はこのことがキッカケで自分が恋愛依存症であることに気づきました。

私は一人になるのが怖く、食べるものも行きたいところも彼に合わせていました。今、彼と復縁したいとは思っておらず、恋愛を避けてきた私に再び恋愛の楽しさを教えてくれたこと、恋愛依存症だったことに気づかせてくれたことに感謝しています。

しかし私はこの恋愛依存症をこれからどう克服していけばいいのかわかりません。最近は前向きに頑張ろうと、映画を見に行ったり、本を読んだり(このときマーチン先生の存在を知りました)、女らしさを避けていた自分を反省して女らしい洋服を買ってみたりしていますが、日によってどうにもならない不安に負けて泣いたりしています。

私は普通の恋愛をして、心から信頼できる人とお互い努力と協力をし合いながら幸せな家族を作りたいのです。

そのためにもこの依存体質を克服したいのです。
良い治療法や、こんなことをしたら良いという方法があったら教えてください。


ぴろちゃん

こんにちは、マーチンです。
ご相談拝見いたしました。

「恋愛依存体質」を克服したい、というお話ですが、

今回のご相談を拝見する限り、特にそのようには思いませんよ。

過去、何度も「うわぁ!これはすごい依存体質だなぁ」と感じる人に出会ったり、ご相談を受けたことがありますが、ぴろちゃんにはその感じはいたしません。例えば、

> 私は一人になるのが怖く、

誰だって怖いですよ。それをこうして言葉にするか、しないかだけです。

> 食べるものも行きたいところも彼に合わせていました。

それって至って普通のことですよ。それに「合わせない=ワガママ」ともいえるわけです。そして、

> 私は過去の恋愛から恋愛が怖く、10年以上彼氏がいませんでした。

依存症の人だったら10年も一人でいられません。この時点で、ぴろちゃんは普通の人だと僕は思います。僕は「現状を正しく知ることが大事だ」というお話をよくします。これは「よくも、悪くも、正しく知ること」が大事なのです。ぴろちゃんは、自分のことを悪く評価しすぎていると思いますよ。

依存症ではなく「恋愛に臆病になっていた」、これはあると思います。そして臆病になっていたから彼の……

>「実は過去に2回結婚していた。どちらにも子供がいる。
> でも自分は結婚したい」と告白されました。

この告白を「騙された」と感じてしまったのでしょう。恐らくこの話は、彼が「黙っていた」だけで、「俺はずっと独身だった」などウソをついていたわけではないと思います。また、仮に「独身だった」と言ったとしても、それは

「悪意を持って、ぴろちゃんを貶めようとしたわけではない」

と僕には感じられます。言ってしまうと、ぴろちゃんに嫌われると思って、離婚歴のことを黙っていたのではないでしょうか。

言いたいけれど言えないことは、誰にでもあります。例えば、ぴろちゃんも「10年間彼氏がいなかった」ということは、誰にだって言えることではないと思います。 (言ったら、引かれてしまうのでは……なんて不安があるでしょう)

こういった人の心の弱さ、苦しみもわかってあげられる。
そんな優しさが、僕は大事だと思います。それが、

> 心から信頼できる人とお互い努力と協力をし合いながら幸せな家族を作りたいのです。

この答えになるのではないでしょうか。

もう少しだけ、他人の失敗に寛大になってあげられるように。今日お伝えしたような考え方ができるようになられたら良いのでは……と思いますよ。

この度は、ご相談頂きありがとうございました。
2010/07/30 wrote
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
個別相談 の ご案内

無料 相談掲示板 悩みの足跡
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 恋愛アドバイザー)
恋愛クリエイション 恋愛カウンセラー、作家

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

-「カケヒキをして幸せになれました。結婚できました!」そんな話を一度でも聞いたことがありますか- マーチン論の特徴は2つ。【1】カケヒキを一切せず、素直にまっすぐ行動する。【2】自分で考える力を身につける。これが恋を叶える秘訣なのです。