吉野家の豚丼の再発売の失敗 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

吉野家の豚丼の再発売の失敗

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
以前に、吉野家、すき家、松屋の戦略の違いについて、述べた。

5年も6年も前のブログなので、3社について、再度、今を述べたい。

随分前のことなので、ハッキリと「そう言った」とは言えないが、今でも思いは変わらないので再度述べたい。

先ずは、吉野家だが、やはり二度と昔の栄光には戻れない、いずれはなくなるグループなのだろう。

それは、豚丼の再発売で、明らかな戦略の失敗があったと思う。

何処から、それが感じられるかと言うと「価格設定」にある。

牛丼は、相変わらず3社の中で一番高い。

それによって、「早い、安い、上手い」の代名詞の牛丼を求めてくる客数は、一番少ない。

ただ、それは理解できる。

客数を求めて、顧客一件当たりの利益を削ることになるから、だ。

私は、吉野家が生き残る手段は、徹底して牛丼の味に拘ることだと思っている。

そして、それは、必ず「顧客視線」に立つ事だ。

吉野家に、牛丼の何を求めて来てくるのか?

同じく、吉野家に牛鍋定食の何を求めて来るのか?

吉野家は、牛鍋定食に経営の何を期待するのか?

その視点で、豚丼の再発売を見て欲しい。

再発売当初は、豚丼一杯300円だった。

顧客が殺到した。

その価格は、吉野家にとって、牛丼の値下げより利益があるとのこと。

そして、顧客にとって選べる一品として選択肢が増えたことになった。

なのに、だ。

300円を330円にして、再度、顧客離れを起こした。

此処に、戦略の無さ、失敗を感じてしまうが、皆さんは如何でしょうか。
 |  コラム一覧 |