バレーボールとシャープ - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バレーボールとシャープ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
男子バレーボールは、残念ながらリオのオリンピック出場を逃した。

石川祐希という若いエースが出てきたところで本当に残念だった。

ミュンヘンのオリンピックを知っている年齢の私にとって、テレビを見ながら複雑な気持ちが湧いてきた。

単なるスポーツと仕事を結びつけるな、というご批判を覚悟して書くと、以下のようになる。

ポーランド、イタリア、中国など、対戦国は、何処も身長がずば抜けて高い。

そして、その大きな身体で、速攻と言われるAクイック、Bクイック、さらにバックアタックを打ってくる。

ミュンヘンオリンピックを知っている年代の人は、ピンとくるだろう。

実は、速攻という技術は、ミュンヘンオリンピックの時は、日本が開発し、日本だけが使っていた。

当時の外国チームは、身長は高いがアタックはオープン攻撃のみ。

あとは、身長の高さを活かしたブロックのみで単調だった。

今は、日本人も背は高くなったが、外国チームほどではない。

そして、機敏な動きに大差がなくなって、相手も速攻をしてくる。

無理やり話しを結びつけているようだが、シャープの末路と変に一致する。

技術は、いずれ追いつかれるもの。

常に相手より前に進んでいるのは、もちろん、大差をつけていなければならない。

多少の差ならば、物量、国の大きさで逆転されると思って間違いがない。

その結果が、家電メーカーの現状を表していると思う。
 |  コラム一覧 |