心が縮みました・・・ - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
飯田 祥子
飯田 祥子
(マナースタイリスト)
鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

心が縮みました・・・

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう
何か、大きな成果が得られるような時間の使い方ができているわけではないのに、大事なことをすることができない。

あんまりないことなので、戸惑うことが多いこの頃です。


さて。先日、お墓参りに出かけた先でのことです。

我が家からお墓までは、高速道路を使って60分ほど走ります。

サービスエリアに、スターバックスがあるので、

時々、SAに立ち寄り、コーヒーをボトルに詰めていただき、先を急ぐ。

そんな習慣の中で立ち寄ったSAでの光景です。

保護者二人が前を歩き、男の子3人は手をつないで、後ろを歩いていました。

子どもが好きそうな、ちょっと高くして、外灯の支柱を支えていた部分。
傾斜になっていて、一番上のお兄ちゃんは、その斜面を歩いたため、
足を滑らせて、太もものあたりを地面で擦ってしまいました。
手をつないでいた弟は、引っ張られることなく無事でしたが、
こけた男の子は、太もものあたりを気にしていたので、ちょっと痛かったのだと思います。

「大丈夫?」と声をかけようとした瞬間のことです。

前を歩いていたお母さん(と推察しました)が、振り向きざまに、

「もう~~!!!(怒)ズボンが汚れちゃったじゃないの!!!」と、
叱っていました。

あちゃ~~~・・・・って、一瞬、わたしの心が縮みました。

自分も同じ事をして子育てしていたので、
思うところありなのです。

でもね。

そういう育て方だと、

愛が伝わらないんです。

自己重要感が育たないんです。

子どもは子どもなりに、自分の体より、ズボンが大事なんだ

って、悟れるんです。

確かに、お出かけ着だったんです。

たぶん、結婚式にご招待を受けていたんでしょう。と推察できるおそろいの恰好でした。

きれいなズボンで出席させてあげたい。

それも親心です。

だけど、こけて痛い!

その痛みも大事にして上げることができたらなぁと思うのです。

自分の子育ても。

私自身も、親に自分より洋服の心配をされるような育てられ方だったので、

明快に理解できているんです。

何気ない言葉のやり取りに、愛があるかどうか?

瞬間に悟れるものだけに。

日ごろから、子どもとの向き合いかたに、注意を傾けて欲しいなぁと思いました。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム