認知症を支える住環境ノウハウ受講 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
(建築家)
安藤 美樹
(建築家)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

認知症を支える住環境ノウハウ受講

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
昨夜は知人で同業の 間瀬 樹省氏にお誘いいただいたケアスタディ株式会社さん主催の講座

「認知症を支えるデザインのちから」を拝聴してまいりました。



講師の先生は、在宅及び施設で認知症のご家族の介護を経験され、現在はグループホームに勤務しながら認知症を支える環境づくりの研究をされている、工業デザイナーで東海大学講師の山崎正人氏ということもあり、沢山の受講生がお見えになられてました。


内容の一部をご案内ページより抜粋

・ものを見つけやすくする色の工夫

・ポット、コンロ、棚や家具を使えるようにする工夫

・危険だからと道具を片付けてはいけない理由

・安全のためのリフォームは慎重にすべき理由

・排泄がうまくいかない理由と対策

・回想と想起のコーナー作り

・鏡を場面によって使い分ける方法

・認知症をますます重度化させてしまう介護とは



受講して感じたのは、山崎先生ご自身が介護経験の中でトライアンドエラーを繰り返しながら、安心に繋がる環境づくりをブラッシュアップされた努力は、並大抵では真似できないということでした。





建築士や社会福祉士は「一を聴いて十を知る」的な相手の事を先読みしがちな職種ですが、工業デザイナーは「じっくり観察すること」から必要なものを見出すという手法とのことで、新たなアプローチの仕方を学んだ気がします(^^)

全部で4回に分け講義があるので、予定が合えば引き続き学んでいきたいと思います♪











カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)