睡眠障害とアーティスト - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠障害とアーティスト

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

ものづくり(作家・漫画家やアーティストなど)をしている人が陥りやすい症状の睡眠障害にハマり中ですw

会社へ勤務されている設計者なら就業時間がありますが、独立系やアトリエ系の設計事務所提出期限などに向かって突っ走るので、昼夜問わずの仕事時間が睡眠障害を招きます。

芸能関係者は夜中の12時をテッペン(一番軌道に乗っている時間帯)と言うそうですが、アーティスト系は午前3時頃がピークの方も多いようです。

流石に徹夜はキツイので一日の何処かでこまめに睡眠をとっても体調に響くだけですねw

6月は梅雨入りの時期でもあり、寝苦しい夜も続くと思うので、「寝具」を快適に整えることがポイントだと思います。

この時間にブログをアップしている他の人も同じ症状かもしれませんね(汗

私の場合は、1日のどこかで運動を取り入れ、汗をかく習慣を取り入れてますv

















カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)