貧乏になる考え方 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
井元 雄一
(WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「お金持ちから税金をもっと取ればいい。」
テレビタックルに出ていた共産党の志位議員が、下流老人の対策としていった言葉です。

「お金を努力せずにもらおうとしか考えていない」人の典型的な考え方です。

まさに、貧乏になる生き方です。

「日本は、世界で最も成功した社会主義国家」
と言われるくらい、国がお金を再分配しています。

例えば、
日本は年収1000万円以上の方が所得税の50%を負担しています。

年収700万円以上の人となると、70%近くの所得税を負担しています。

逆に、年収300-400万円の人は、所得税全体の6.4%しか所得税を負担していません。
人口で見ると、年収300-400万円が16.4%いるんですけど、払っている額は少ない。

所得税は使用目的が決められていない普通税です。

今の日本では、医療費や介護などの社会保障への支出が多いので、年収700万円以上の方が70%近くを払ってくれていると言うこともできます。

すでに、年収の多い人からたくさん税金をとるというのは、実行されているんですよね。

こういったデータを見て、
「もっと年収の多い人に払ってもらおう。」
と思う人は、貧乏になると思います。

なぜなら、お金を稼ぐという発想がなく、お金をもらうことしか考えていないからです。

昔の話ですが、いつも
「お金がない。」
と言っている友達がいました。

その友人の行動を見ていると、すぐに自販機でジュースを買う、酒を飲む、食べ物を買う、まさに欲望のままに生きていました。

ガンガン働いてお金を稼いでいればいいですが、働くのは最低限。

当然、手元にお金は残りません。

自己投資のためにセミナーを受けたりすることもありませんでした。
なんで休みの日に勉強するためにお金使うんだという考えです。

そして、困ったら
「お金がないのは、給料が低いせいだ。」
と自分の行動を顧みずに、まわりのせいにしていました。

そういう友人に限って、一緒に遊ぼうと思ったら、金がないという理由で周りの人間が多めにお金をはらう羽目になっていました。

こういった貧乏になる考え方をしている限り、そこから抜け出すことはできないだろうなあと思いました。

いつも不思議に思いますが、共産党の人で大金持ちは見たことがありません。
「もっとよこせ、金あるんだろう。」
の考え方では、お金を稼ぐことはできないのでしょうね。

私はサラリーマンから独立して、貧乏な人は貧乏になる考え方をしている人が多いと実感するようになりました。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。