法人税の節税対策 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田 勉
保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年06月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人税の節税対策

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
法人保険 法人保険で節税対策・決算対策
世界経済がおかしくなってきましたね。
今後、今までどおりに売上を上げられるのか?

昨年始まった保証協会の全額保証から80%保証への流れで、
保証協会への申請自体が減っているそうです。
申請を上げる前段階、銀行の窓口ではねられているのでしょう。

企業経営者の皆さんも苦労が増えることと思います。


こんな時は節約に努め、社内への内部留保を
増やす作戦が有効となります。
内部留保を増やす方法は節約と節税です。

法人税の節税対策には様々な手法があります。
短期的節税方法はいくつかありますが、
だいたい決算1回分でしか使えない方法です。
例→短期前払い費用の活用

通常、経営者の不安は短期よりも中長期です。
中期的に節税対策を図るほうが安心できますね。

中期的節税方法で最も有効な手段として上げられるのが
生命保険です。

ご存知の通り、法人契約の生命保険は、税務通達で
経理処理方法が定められており、当然通達どおりに
処理しなければなりません。

すると自然に税効果が生まれる保険商品があります。
これは、保険会社が保障は当然のこと、税効果を得られる
商品設計を行っているからです。

つまり、法人には法人専用の保険商品が設計かれているので、
そこから選ぶほうが税効果を得やすいことになります。

せっかく保障目的で保険商品を買うならば、高い税効果を
得られる法人専用の保険商品の中から選びたいものです。


ライフィでは、中小企業の財務強化をテーマに、保険会社30社、
ファイナンス会社10数社、他分野ごとに専門コンサルタントと提携し、
経営者のお悩み解決のお手伝いをしております。
定期的に経営者様対象のセミナーを開催しておりますので、
ぜひ弊社ホームページをご覧ください。

→ホームページ「企業財務.jp」