不妊治療で妊娠しにくい理由 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不妊治療で妊娠しにくい理由

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「不妊治療に数百万円使っても効果が出なかった。」

そういった記事を目にすることがあります。

不妊治療は、お金もさることながら、見られたくないものを見られたり、かなり恥ずかしい思いをすることもあるようです。

そこまで色々なことを犠牲にしても、妊娠しない人がいるのも事実です。
すごくつらい思いをしていると思います。

では、一体不妊治療というのは、どんなことをしているのか調べてみました。

先に結論から言います。
「こんな不妊治療だと、うまくいかないし、子供ができても虚弱体質になる。」
と思います。

不妊状態になるのは、基本的には体のパフォーマンスが低いことが大きな原因です。

妊娠するというのは、単純に生きている状態よりも上位の機能です。
体に余裕がないと、妊娠はできません。

例えば、病気じゃないけど、
・疲れが取れない
・体温が低い
・仕事が忙しいからほとんど休んでない
・睡眠不足
・性欲が出ない
といった、不健康状態であれば、体のパフォーマンスが落ちます。
不妊症の方、これに当てはまりませんか?

そこで、体はどこから削っていくかといえば、生存するためにとりあえず不要なものから削っていきます。

その中には、子孫を残すための妊娠機能も含まれます。

不妊治療のページを見ると、不妊の原因の説明には
生殖器周辺の機能不全
などが主に書かれています。低体温の内容は少しだけ。

たしかに、その部分だけ取り上げれば、生殖器周辺の機能不全があるでしょうが、人間の体は全体で一つです。自動車部品のような捉え方をすれば、かならず原因を見誤ります。

不妊治療は、まさにその原因を見誤った典型です。

では、どうすれば妊娠しやすくなるか?

まず体を元気にすることです。
それは細胞のパフォーマンスを上げることです。

そのために必要なのは、
・体の疲れをとる
・体温をあげる
・ミトコンドリアの働きをあげる
・きちんと休む
・食生活を整える
といったことです。

特に、
・体温をあげること
・ミトコンドリアの働きをあげること
は、健康の平均値を上げるために、とても重要です。

そのために体に何を供給すると効果的か?

それは、
・電子
です。

ミトコンドリアが体を動かす燃料の9割を作ります。

燃料が十分にあれば、細胞のパフォーマンスはあがります。

結果的に、妊娠できるくらい体の健康状態に余裕が出てきます。

電子供給には、ビタミンCが有効です。
といっても、ペットボトルの酸化防止剤の劣化ビタミンCではないです。果物や野菜から取るビタミンCのことですよ。

それ以外に、直接電子を送り込む電子浴があります。

ライザブという製品は、電子浴が手軽にできる便利な製品です。

体験会もやっているので、一度試してみてはいかがでしょうか?

ライザブについては、こちらをご覧ください。





 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。