借金の有無 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金の有無

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はアースデーです。
ラジオなんかで取り上げていたかなぁ・・・

廃業についてお話をしています。
倒産と呼ばれる手続きについて少しだけ確認をしました。

休眠状態となっている法人が多いことを既に紹介しています。
では、それらの法人がなぜ法的な手続きを何もせずにいられるのかと言えば、その理由は至って簡単です。

・外部からの借金がないから

金融機関等から借金をしている場合、当然ながら返済の義務があります。
返済の義務がある状態にも関わらず、なんの手続きもしていないとしたら当然銀行側から色々と言われます。
場合によっては訴えられることすらあるでしょう。

逆に言うと、外部からの借金がある場合、法的な手続きをしない訳にはいかない、ということになります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

遺産分配の順番(2017/10/15 07:10)

会社の持ち物にも注意(2017/10/14 07:10)

規模による配慮(2017/10/13 07:10)

このコラムに類似したコラム

倒産 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/21 07:00)

改めて倒産という言葉について考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/15 07:00)

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)

無駄のない経営 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/15 07:00)

休眠状態の法人が相当数ある 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/20 07:00)