Study Abroad’s Four Deadly Sins - 留学を失敗させる究極の4つの行動 - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Study Abroad’s Four Deadly Sins - 留学を失敗させる究極の4つの行動

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学

New York Times より

 

優秀な日本人留学生をカナダで助けて25年になります。

能力のある若者が大いなる人間的な成長を遂げながら、自分の目的に向かって進んでいくのを助けるのは大きな喜びです。

 

「成功する留学」 誰もが目指したいところですが、残念ながら「留学」には大きな落とし穴が待っています。

 

このNew York Times の記事は「留学生」たちへの大きな警告として、「落とし穴」にはまってしまう7つの行動について述べています。

 

私の経験からも全く同感ですので、記事の内容をまとめてみました。

New York Times が書いているのは留学するアメリカの学生への警告ですが、全くそのまま日本人留学生にも当てはまる4つの行動について要約してみます。

 

1. Sllide Courses「留学生用に作られたコース」には入らないこと

 

入学の条件もゆるく、授業のスケジュールも軽く、教える講師は非常勤かアルバイト。 語学がないので、通常のコースには入れず、学問的な利点は無いコース

 

「わぁ〜い留学します!」というほとんどの日本人の若者が入るプログラムー短期旅行のようなもので単なる似非教育的・文化的経験ーがこれに当てはまります。

語学学校への短期入学、大学が「交換留学」と名づけてはいるものの留学先の大学では「英語の出来ない日本人のための Slide Course を用意しているだけ。

生徒集めにやっきの私立高校がやっている「1年の高校留学ー遊んでてもいいから行って来なさい式の留学」も正にこれです。

 

カナダの教育関係者もこう言っています。

「日本人学生は勉強には興味ないから、文化体験だけ用意しています。」

  

「事前の十分な準備、計画を経て、目的や焦点の明確なプログラムで勉強する」こと、つまり「英語の能力のみならず、クリティカル・シンキングを身に付け、英語圏現地の学生と同じレベルのコースに入る」ことこそが「成功する留学」には欠かせないということです。

 

 

2. Self-Segregation 日本人だけでつるむ

 

Slide Courses にありがちなことですが、まず間違いなく何人かのグループで留学します。

学校でも自由時間も一緒。 常に行動を共にし、現地学生との間には大きな壁が出来てしまいます。

 

「留学」一巻の終わり。

 

日本人同士でつるみたいのならなぜ留学したのかな?といつも疑問に思う『落とし穴』です。

 

 

3. Smart phoning - スマートフォンにつぶされる

 

「留学生」にはスマートフォンは禁止したいです。

と、New York Times。

私も同感です。

 

そんなに日本と通信したいなら、なぜ留学したの?とこれも疑問でいっぱいです。

 

FOMO 症状と呼ぶそうです。

Fear of missing out on activities back home: 日本の友達がやっていることに常に付いて行かないといけないという強迫観念

 

ですから、何千マイルも離れた人たちといつもいつもテキストメッセージ。

せっかく留学した周りのことには無頓着。

 

何も得られずに帰ってくる「留学」の大きな原因、スマートフォンです。

 

  

4. Selfie-Taking - 不適切なセルフィーを撮りサイトに載せる

 

鼻に指を突っ込んだり、舌を出したり、妙な表情をしたり、一般の目に触れれば非常に不愉快、不適切なセルフィーをインターネット上に載せ、大きな問題となるケースが多いです。

 

その国・文化にはタブーであることを理解しないまま、考えの幼い留学生がアップロードしたセルフィーが犯罪行為と見なされるケースもあるので要注意。

 

本人たちは「楽しいことをしているだけ。」と思っているのかも。

しかし、ネット上にあがったが最後、自分だけの問題ではなくなります。

 

「目的をもった留学」をし、人間的に大人になっていく留学生たちは、その日々の勉強、自己の進歩こそが大きな刺激になります。

 

ところが、精神的に幼い場合はそうは行きません。

「刺激」が自己満足のセルフィーとは情けないですね。

もともと幼い人間を育ててくれるほど「留学」は甘くない!とNew York Times。

 

セルフィーをネットに載せないこと。

そんなことしかやることがないのなら、留学などせずに自分の国でやればいい。

____________________ 

 

現在「留学中」「留学予定」のみなさん。

留学先の良い大人たちを味方につけて、自分の成長の大きな糧にしたいなら、上記4つの「究極の問題行動」は決して取らないことです。

 

無理?

じゃ、留学はしないこと。

本気の留学生に大迷惑です。



 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「留学」のコラム

このコラムに類似したコラム

(その6)これからカナダ留学するみなさんへ-[留学せん事-2004年出版]からの助言 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/08/24 03:58)

カナダ留学のこれから - [新しい留学の形]その5・お助け編 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2017/07/04 07:05)

2016年以降の世界で「留学」するための条件 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/11/19 22:15)

今、休学留学がHOTなワケ 須長 幸子 - 留学アドバイザー(2015/09/04 06:38)

カナダに留学しても日本人だらけって本当? 須長 幸子 - 留学アドバイザー(2015/07/23 03:38)