ラジオ体操で怪我をする? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ラジオ体操で怪我をする?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
 「健康のために早朝ラジオ体操」こんなイメージがあるかもしれません。
でも、場合によっては怪我をするリスクが高くなりますので、注意が必要です。
では、どんな条件で怪我をしやすいのか?
睡眠不足疲労がたまっている無理に体を動かす
といった状況の場合、早朝のラジオ体操では、体を痛めやすくなります。
その理由は、朝起きたばかりの状態だと、体が目を覚ましていません。
まだ、体を動かす準備段階です。
それに加えて、睡眠不足や疲労が重なると、体を動かせる状態になっていない可能性が高いです。
そこで、体を勢いよく動かすと、筋肉や腱などを痛めてやすくなります。
感覚的には、軽くゆっくり動かすほうが、体を痛めるリスクは下がります。
また、何の問題がないと思っていても、高齢者の方は特に注意が必要です。
一気に体を動かしたために、血管の壁が剥がれて、心筋梗塞や脳梗塞といった症状になる可能性があります。
早朝のラジオ体操は、思い切り体を動かすのではなく、できる範囲で軽くゆっくり動かして、体の目を覚ますことを目的にしましょう。



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。