思考力を高めたり、情弱にならないためには? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

思考力を高めたり、情弱にならないためには?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話


よく言われるのは
知識量が足りない
読書が足りない
って言われますよね。


まず、それを補うための
行動するってことは
大事
です。

が実は・・・
ただし、それ以前に
脳のトレーニングを
人生のタイムスケジュールの中で
どう過ごしたか?

とかが大きく関係します。

まさに、
受胎するタイミングから
胎内にいるとき
3歳まで
6歳まで
中学2年まで
22歳まで

どういう状態であったかは
結構、
トレーニングの
ハードルのレベルが
違ってきます。



多くの普通の人は
意識してないので
いきなり
思考力を高めようとか
情弱にならないように
しようとか
思っても
言い訳というか
体自体が
そういう状態になっていません。



最近、腸内フローラが
人気ですね。

それと同じで
腸の状態と脳の状態と
そのトレーニングは
積み重ねの
生活習慣のような
見えるトレーニングと
その素材?を
見分ける判断力が
必要で
す。

とにかく
他人のせいにしたりせず
自分で自分の判断の
責任を引き受けることから
トレーニングは
スタート
です。

具体的には
・一人になる時間を作ること
・水を思っているより多めに飲むこと
・リラックスできる自分なりの生活パターンをつかむこと

で、
自動的に思考が働く
環境づくりをすること
です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム