え、電子と放射線は一緒の意味なの? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

え、電子と放射線は一緒の意味なの?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「この製品は、電子浴ができる製品です。」
ライザブをこのように説明すると、皆さんすごく興味を持ってくれます。

ところが、
「ただし、電子数が多いということは放射線量もあがるので、使用時間の制限があります。」
というと、すごい勢いで引いていきます。

これは、日本語特有の問題です。

wikipediaによると
放射線(ほうしゃせん、: radiation,radial rays)とは、高い運動エネルギーをもって流れる物質粒子(イオン、電子中性子陽子中間子などの粒子放射線)と高エネルギーの電磁波(ガンマ線X線のことで電磁放射線)の総称を言う。

と書いてあります。

つまり、放射線という言葉の中には、たくさんの物が含まれていて、電子もその一種です。

しかも、電子と一口に言っても、強さにはものすごい種類があります。

体に有害になると、
radio active
放射能
になります。

例えば、マイナスイオンと言われる電子は、空気中に漂っているレベルで非常に影響力が弱いです。

マイナスイオンを吸って体に電子が入るかといえば、入りません。
ダンプカー3台分くらい吸えば、ちょろっと効果がある程度です。
ずっと山の中に住んでいればそれなりに効果があると思いますが、都会に住んでいる人間がたまに行ったからといって、それほど体に良い影響を得られません。

もちろん、気分転換には良いと思います。

ですから、電子浴をしようと思えば、それなりに強い電子が必要になります。

強い電子というのは、体に入ってくるくらい強い電子です。

例えば、布を挟んだら通り抜けない電子(アルファ線)では、体まで電子が入りません。


そこで、ラジウムが出すくらいの強さを持った電子が注目されています。


ガンの人が湯治場として古くから利用している玉川温泉、新玉川温泉や三朝温泉は
ラジウム、ラドン温泉です。

これは、ラジウムが出す比較的強い電子を浴びることで、体内のミトコンドリアに
直接電子供給を行うことを主な目的としています。

ここで、皆さんが疑問に思うのが、
「だって原子力発電所も放射能出していて危ないんでしょ。」
ということです。

原子力発電所で使われているのは、高濃度のウランです。

ウランというのは、ラジウムとは比較にならないくらい強い電子をだします。

あまりに強いために、ウランの電子は私たちの体を貫通します

貫通する時に、細胞を壊し、遺伝子も傷つけるので、ガンなどになるリスクが上がります。


ウランとラジウムは強さが全く違うので、一緒にしてはいけません。

ものすごく単純にウランとラジウムの違いを説明すると、
・お風呂のシャワー程度の強さがラジウム
・ケルヒャーの高圧洗浄機の強さの何十倍がウラン
くらいの違いがあります。

体に当てて気持ちいいのはどっちといえば、
お風呂のシャワーですよね?

だから、ラジウムの電子は玉川温泉などで長く湯治場に使われているし
体に良い影響を及ぼすちょうど良い強さの電子だと考えられています。

さらに、電子の数が少なすぎてもダメ、多すぎると今度は放射線量が安全基準にひっかかるレベルになります。

その線引きは、国によって違います。

正直わからない部分があるので、あいまいです。

ライザブの場合は、ラジウムを使用していますので、
電子数が多い製品の場合は、放射線量も測定しています。

実は、電子数はのせるけど、放射線量を載せている製品は
ライザブ以外にはほとんどありません。

でも、それって、情報開示の方法として、ずるいんですよね。

情報は正直に開示して、あとは皆さんが判断してくれればと思います。
後だしじゃんけんはしません。

ノーマルライザブは、放射線ではない製品です。

ライザブについてはこちらをご覧ください。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。