住宅ローン金利の低下と住宅購入、借換え - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利の低下と住宅購入、借換え

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

 日銀によるマイナス金利の導入により住宅ローン金利が低下しています。3月の住宅金融支援機構フラット35の35年固定金利が1.25%(3月金利)、民間の金融機関の10年固定金利などは0.56%(3月金利)などです。金利面から見ると住宅購入や借換えにはいいチャンスといえるでしょう。今住宅ローンを支払っている人については現状の金利と残債を見比べてすぐにでも借換えの検討をしましょう。住宅を購入する人は、金利面では購入チャンスですが、いくら金利が安くても無理な購入はやめましょう。今後のライフプランを検討し、どのぐらいの借入れならば無理なく返済し続けられるのかを検討しましょう。また、購入する物件についてもよく調べてから購入しましょう。住宅は大きな買い物です。衝動買いはやめましょう。

 

【住宅購入】

住宅購入のポイント

1)支払い続けられるか。(一般的には年収の25%以内の住宅ローンの支払額が理想)

(例えば)

借入額4000万円、金利1.25%(3月の金利)、35年返済 月の返済額117,634円

117,634円×12ヶ月÷25%=約560万円(年収560万円以上の人が理想ですね)

 

2)自己資金の準備はあるか。(理想は物件価格の2割+諸費用以上)

3)20年後、30年後はどこでどのように暮らしたいのか。

4)マンション、戸建てどちらにするか。理想の暮らしを考えましょう。

5)新築、中古は?新しい設備が良いのか、価格重視か。

 

【借換え】

当初借入額4000万円で金利2%、返済期間35年、残期間20年をそのまま支払い続けた場合の支払利息総額7,923.646円。残債3,037万円、金利1.02%(3月の金利)返済期間20年にした場合の支払利息総額は3,215,857円

借換えにより返済軽減額 4,707,789円

(借換えに必要な諸費用は含みません)

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

住宅ローン 川口 幸子 - ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ(2017/05/13 15:43)

住宅購入にかかる費用について考える 川口 幸子 - ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ(2017/05/13 15:24)

【中古住宅購入で使える補助金制度】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/01/23 19:03)

【住宅市場は成長性が高いのか?】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/01/01 21:27)

【住宅ローン控除 年末調整の書類を紛失してしまったら・・・】 真崎 喜雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/27 17:03)