家族のために、としたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉② - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家族のために、としたことなのに・・・住宅ローン控除が使えなくなる⁉②

- good

 

前回の続きです。

 

結婚して、家族が増えて、

 

住宅をローンで購入したが、

 

離婚することに。

収入が低い妻と、子供の将来のために

 

住宅ローンはそのまま夫が払い続け

 

ローン終了後に妻に名義変更をすることを

 

選択した場合・・・

残念ながら、今まで受けていた

 

住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)が

 

使えなくなります

ローンの債務者(この場合夫)が

 

その住宅に住んでいることが要件だからです。

 

 

住宅借入金等特別控除とは

とってもざっくりいうと

 

住宅借入金の年末残高の1%の金額(上限20万円)

 

まで税金が安くなるって仕組みです。

最大20万税金が安くなる

それも10年間

 

私の説明がざっくり過ぎるので詳しくはこちらから

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

(国税庁HP)

 

 

あまりにも夫が可哀想すぎるので

 

何か方法はないかと国税局税務相談室に

 

電話をかけてみました


が、「う~ん、可哀想だけど、本人(夫)が住んでないとねぇ~

 

単身赴任とか、どうしても仕方ない場合は使えるけどね~」

(このケースも仕方ないと思う・・・)

離婚したら、1つの世帯が2つになるので

 

どうしたって生活は今までより大変になるんです。

 

そんな中、年間最大20万円の税額控除が使えなくなる



ちなみに夫婦共有名義の場合で

 

離婚の際に相手の名義分を引き継いだときは

 

(税法の条文みたいw)

 

一定の要件を満たすと

 

引き継いた分に対しては

 

そこから新たに10年、住宅ローン控除が

 

使えるようになったんです

家族思いの、このケースに関しても

 

住宅ローン控除が使えるようになってほしいなぁ・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。