花粉症と鼻レーザー治療 - スポーツトレーニング - 専門家プロファイル

Lycka till 
東京都
スポーツトレーナー
090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:スポーツ指導・トレーニング

石原 康至
石原 康至
(スポーツインストラクター)
石原 康至
石原 康至
(スポーツインストラクター)
斎藤 利
斎藤 利
(スポーツインストラクター)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
自由が丘スウェディッシュマッサージ&ストレッチサロン『Lycka till』の渡邊亜紀子です。


今年の花粉症は久しぶりにスゴいですね(~_~;)


はい。発症しちゃいました(^^;;


アレルギーなんて言葉も珍しく、花粉症なんて言葉もない時代から付き合い始めて早や40年。相も変わらず毎年やってきます。

今はアレルギーの薬も大変進化してきましたね。


さて私は持病のため、アレルギー薬は365日お友達なわけですが(すでにアレグラ星人ですね 笑)この時期はアレルギー薬だけでは、乗り切れなくなります。

そもそもいつも飲んでるアレルギー薬は、蕁麻疹予防のために飲んでるいます。この時期は、プラス花粉症となるためいつものアレルギー薬では鼻水や涙目など花粉症の症状には対応しきれなくなります。

アレルギー薬は日々進化しているので、他のアレルギー薬も試してみたのですが蕁麻疹が抑えきれませんでした。ホントアレグラ星人だわ(苦笑)



花粉が少ない時は、アレルギー薬+抗ヒスタミン薬で乗り切るのですが…

って今おかしなこと書きましたよね?(^^;;抗ヒスタミン薬のが、効きが強いのに??って思われた方も多いかと思います。

私の場合と書きますが昔々から抗ヒスタミン薬を飲み続け昔はアレルギー薬なんてなかったですから何故か抗ヒスタミン薬の効きが悪くなってしまったのです。眠くもならなければ、ほぼ何も変わりません。ちょっと鼻水が治まる程度です。

何故効きが悪くなったんだろうなんて考えません。40年も飲んでれば、そんなこともあるでしょうから(苦笑)

と、いうことで対処療法として、花粉症が酷い時は鼻レーザー治療を併用しています。




鼻レーザー治療は4回目でしょうか。はい。いつもツラいです(~_~;)

レーザー治療というかレーザー手術ですね。最初に鼻に麻酔をしてから、鼻の中にレーザーをいれて焼くというかんじです。

鼻の粘膜を凝固して変性させて、アレルギー症状を緩和させるという仕組みのようです。粘膜下の知覚神経に働きかけるもののようです。手術は30分程度。効果は人によってマチマチでしょうか…。私は1年くらい効果は感じます。人によっては3年もつ人もいるようです。
健康保険適用で費用は1万円程度です。

手術中の痛みはないと聞きますが痛みはないですが、麻酔をかける時は痛いというか苦しいです。ガーゼに麻酔薬を含ませて鼻の穴に詰めるのですが、鼻の奥まで詰めないといけないのでけっこう痛苦しいです(^^;;

レーザーで焼いてる時は痛みはありませんが、若干熱さを感じます。そして何より臭いです。焦げた臭いがします。私はいつも2日くらいずーっと焦げた臭いがします。

そして2~3日はティッシュと離れられないくらい鼻水が止まらなくなります。

それが過ぎれば快適になります(。+・`д・。)キラーンニオイもちゃんと感じますよ~!




よく「症状が出る前にお越し下さい」と病院で書いてあります。

私は今回は思いっきり症状が出てからレーザー治療に臨んだわけですが症状が出る前…の理由がよく分かりました。

症状が出てしまうと麻酔をかけてもレーザー手術中に鼻の中が反応して、くしゃみが止まらなくなってしまうのです。もちろんくしゃみをすれば危険なので、レーザー照射は一体停止します。

くしゃみをする前に手をあげて止めて、照射を止めてもらうのですがまー一回反応してしまうと手をあげる→レーザー照射を止める→くしゃみ→レーザー照射→手をあげる→止める→くしゃみみたいに全く進みません(~_~;)

初めての方は花粉症の症状が出る前にレーザー治療をするのをオススメします。



花粉症の治療として他に『舌下免疫療法』もあります。私も検討したのですが、アレルギー物質ごとの治療となるのでアレルギー物質が少ない方には良いかもしれません。

私のようにカモガヤにスギにヒノキに何とかに何とかに…みたいな多数に反応する人には向かないかもしれません。



また「薬を飲みたくないから、鼻のレーザー治療を検討してみようかな」というのは、ちょっとオススメしないです。

鼻のレーザー治療は、あくまで鼻の部分的なものなのです。アレルギー反応をなくすわけではありません。

私は酷くなると薬を飲んでも点鼻薬を使っても、鼻が詰まって呼吸が苦しくなって眠れなくなります。なので鼻のレーザー治療を併用しています。


今はよいアレルギー薬がでていて眠くならないもの、強くないものも開発されています。お医者さんに相談して、自分に合うものを選んで下さいね。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / スポーツトレーナー)
Lycka till 

運動が苦手な方でも安心です。神経トレーニングで身体調整。

リハビリテーションの一環として使われるPNFを、アスリートやダンサーのトレーニング・身体調整法として発展させたのがPNFトレーニングです。運動が苦手な方でも少しづつ神経トレーニングすることで、無理なく身体を調整できます。動きは地味です。

090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。