住宅ローン金利下げすぎ? - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
池田 弘司
(生命保険アドバイザー・ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン金利下げすぎ?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ライフプラン
早くも3月になりましたが、まだまだ寒いですね。
最近は住宅を購入しようと考える人の相談も多く、Fpだから当然住宅ローンの金利の話になります。
3月の住宅ローン金利が発表されましただ、その金利の低さに驚きます。
日本銀行のマイナス金利政策を受けて、金利の引き下げ競争が激しさを増している。
大手銀行は、10年固定を2月の途中で金利を年0・90%に下げていましたが、3月からはさらに引き下げ、三菱東京UFJ銀行など大手銀行は3月から年0・80%に引き下げ。信託銀行においてはなんと年0・50%です。
10年で0.5%。
信託銀行だからできるのでしょうが、いくら何でも下げすぎ、いやまだまだ下がる?
どちらにしても歴史的金利でしょうね。数年後には言っているかも「その時の金利は良かった・・・」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプラン」のコラム

改正国民年金法が成立。(2016/12/15 09:12)

知らない間に「リボ払い」(2016/12/14 10:12)

ガソリン2割上昇(2016/12/06 08:12)