介護離職に陥る前に - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護離職に陥る前に

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

今回、北海道へ行って感じたのは 両親が地方在住で子供が首都圏に住んでいるご家族が多いということ。

子供は家も家族も居て都心に住んでいるので、実家に帰省するのは年に1度あるかないか・・


上京する前の両親は元気だったので、将来の介護という文字は浮かばないのが普通です。




しかし、人は誰でも老いるので、親と疎遠になっているご家族ほど、介護が必要になったとき慌てているケースが多いですね。


年1度でも帰省していれば将来の話も出ると思います。

「親は終の棲家としてどのように考えているのか」


子供に頼らず住み慣れた地域で暮らしたいというお年寄りが大半だと感じます。

そこで、元気なうちに

・家は今後どうするのか

・介護が必要になったとき、施設にお願いするのか

・在宅介護などサポートが地域にあるのか

など早いうちに調査しておくことが重要です。


他人事ではなく、私自身は実家が隣駅の場所にありますので、最近は1-2週間に1度は顔を出し、終活について話してあります(^^)






カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)