身体を動かすよりはるかに大事なこと - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イメージコンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

身体を動かすよりはるかに大事なこと

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
YURUKUウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Norikoです。


呼吸にこだわりだしてから呼吸ができていない人の多さに驚いています。
最近はヨガの先生もよくいらっしゃいます。

ただ息を吸って吐く
なのですが
呼吸筋を使ってと言っても使えない状態の方が多いのです。

その理由は
●うまく使えないバランスで立って歩いている
●使ってきてないから筋肉を思い通りに動かせない
●悪い呼吸法で内臓が固まっている

私が常々悪い呼吸法として挙げている
お腹だけポコポコ呼吸一般的に腹式呼吸と言われるものです。

この呼吸をしている方は上記に該当することが多々あります。
お腹だけをポコポコと膨らませていると下腹部で内臓がおしくらまんじゅう状態。
そうなると内臓はカチカチなってきます。

内臓がカチカチの方は呼吸なのにお腹に力が入ります。
するとさらにカチカチ。

便秘症胃下垂生理痛胸やけなどなどのトラブルの原因にも。

また肋骨が動かせていないと
背中や肩や首がガチガチになるので
肩こり首こりの原因にも。

そして悪い呼吸によってなかなか改善しないのは
反り腰

反り腰がひどくなると腰痛股関節痛膝痛といったトラブルの原因にもなります。

そこで
良い呼吸を妨げる姿勢を挙げますね。
1.つま先を広げて立つ2.脚をピンと力ませて立つ3.お腹やお尻を締めて立つ4.肩甲骨を寄せて立つ5.胸を張って立つ
これらはすべて力の入る姿勢です。
そうして力を入れておかないと良い形にならない身体の状態こそ変えていく必要があります。
力の入る姿勢ではのびやかな呼吸ができません。

休みなく繰り返される呼吸。
身体を動かすことよりはるかに大事なこと。
そう思いませんか?

今日はバレンタインデー
レッスンやお打ち合わせで綺麗なチョコレートをいただきました(o^^o)

【最近の人気記事】
▼▼▼何度でも言います14肩甲骨寄せる姿勢をつづけていると▼▼▼いつも以上に本気ブログ骨盤底筋横隔膜そして内転筋▼▼▼【姿勢との関係】顎の形・二重顎・噛み締め・歯ぎしり・無呼吸◆レッスン・セミナー情報◆

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

代表Norikoレッスン一覧

YURUKU公式レッスン・セミナー
こちらYURUKU.JP
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎スクール情報
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebookページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎51歳  筋トレ・ストレッチゼロ生活
  なぜスタイル維持できるのか
  なぜ治療院とは無縁なのか

◼︎Norikoの筋肉バランス・代謝データ
◾︎1115 YURUKUウォーク
大阪城ウォーキングイベント


◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡・北海道・名古屋


◾︎YURUKUウォーカー講座
   入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・福岡

◾︎ウォーキング個人セッション
   東京・大阪


◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。