喫茶店で勉強は非効率 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
 「図書館行ったほうがいいよ。」思わず声をかけたくなるのですが、喫茶店でする勉強のほとんどは無駄です。
邪魔や誘惑が多すぎるからです。
ちょっと悩んだりすると、手元の携帯をいじったり、そのままネットサーフィンして時間を浪費します。
何より、大して使わない本などをテーブルに広げるので、他のお客さんが座れない。
店の売上げも下がります。
人に迷惑をかけて、自分も効率が悪いというのは、誰も幸せになりません。
もちろん、気分転換や空き時間の勉強で喫茶店を使うのは便利ですが、あくまでも一時的なものです。
私も受験勉強したので、喫茶店やファーストフード店の非効率さは身にしみて思います。
しかも、何かやった気分にだけなるんですよね。不思議なんですけど。
意志が弱い人は、図書館や自習室のように、他の人が勉強している場所に行くことをお勧めします。
周りの雰囲気を利用して勉強する気分にしてしまうということです。
私も仕事で文章をまとめたりするときに喫茶店を使うことがあります。
でも、基本的な情報などはあらかじめ集めてからです。そうしないと、ネットサーフィンして時間を無駄にしてしまいます。
隣で管理会計の本を開いている人も、さっきから落ち着かず、手元のペンは全く進んでいません。
それじゃ無理ですよ。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。