肝臓肥大のおそれがあるサプリ - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肝臓肥大のおそれがあるサプリ

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「サプリは栄養補給ができるのに、危険なんですか?」

 あなたはこう思うかも知れませんね。

日本は、サプリメントに対する規制がほとんどないので
マーケティングを利用して、うまく販売しているけど
実際に調べたら危ないんじゃないの?
効果ないんじゃないの?

なんて製品はたくさんあります。

その中で、
・ヨーロッパの一日の許容摂取量2倍アスタキサンチン
・長期に飲むと、肝臓障害の可能性あり
・そもそも長期試験はしていない

という製品があります。

それが、機能性食品の
ファンケル「えんきん」
です。

元々4週間飲み続ける実験を人間で行っただけですが
臨床試験をしたとアピールしています。

ところが、ヨーロッパの安全基準ADIでは、
マウスに1-2年その成分を与え続けて
肝臓に異常がでた数値を元に安全基準を
算出すると、「えんきん」の推奨摂取量の
半分が安全数値になります。

そもそも
アスタキサンチン
という物質が目に良いのでしょうか?

これも欧州食品安全機関が調査したところ
効果は疑わしいということで、目に関する
機能改善の効果は却下されています。

「本当に効くかどうかわからないけど
飲むと肝臓へのダメージは大きそう。」


これ、私が言っているわけではなくて
実験結果などから想像できることなので。。。

もちろん、こういう怪しい事例は、
「えんきん」という製品だけではないです。

高濃度茶カテキンでは、肝臓障害や死亡者が
実際に出ているため、ヨーロッパでは発売禁止に
なっている地域もあります。

サプリ選びは慎重にしたほうがよさそうです。





 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。