建築士法23条の6の規定による設計等の業務に関する報告書 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建築士法23条の6の規定による設計等の業務に関する報告書

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

設計事務所開設者は、事業年度末から3か月以内に毎年報告書を提出しています。

弊社の場合、1/1~12/31のくくりなので翌年の3月中までに提出が義務付けられています。

今年も昨年の業務報告書を記入しようと例年の「報告書様式1(1)~(5)」の原本を準備したところ、昨年事務所協会からお知らせが来ていたことを思い出しました。




「平成27年4/1より年次業務報告書の書式が変更になりました」

おっと危なく昔の書式で作成するところでした。。

新しい書式は「第六号の二書式(第二十条の三関係)」になるので、注意が必要ですね(^^)





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)