長時間のゲームでバカになる? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長時間のゲームでバカになる?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般

  5-18歳の時期にゲームを長時間すると、脳の発達と言語知能が低下する可能性が高いそうです。
子供の多動などが増えているのも、ゲームなどの影響が大きいようです。
ゲームに限らず、スマホのようなモニターを見続けているのが大きな原因だと個人的には思います。
大人でも突然切れて信じられない行動をしたり、犯罪をするケースは明らかに増えているので、大人にも当てはまる話なんだと思います。
例えば、携帯でゲームしながら歩いていて、人にぶつかって怒るといった行動も、街中では珍しくないので、中毒状態のような気もします。
モニターを連続で見るのではなく、1時間程度で少し休むとか、モニターをほぼ見ない日を作るといったことをしたほうが、脳にとっては良いかも知れないですね。

写真は上高地です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。