専守防衛には、自立した人材が母数に対し20%必要 - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

専守防衛には、自立した人材が母数に対し20%必要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話




景気の雰囲気が
アゲアゲになってくると
攻めていく企業と
足下を固める企業と
2パターンでてきます。


攻めていく企業は
ワークスタイルとして
「ブラック」
になりがちです。
夢を追いかけて
攻めているのに
のんびりして食事や
寝るヒマもないわけ
です。

一方、
足下を固める企業は
余裕のある企業で
この機会に
内部に投資を
していくことで
勝つべくして勝っていく
のです。


ぱっと
考えてみると
後者の方が安心ですよね。
まあ、よく言われる
2割8割の法則で
優秀の2割と
奴隷の8割

運営できるからです。
トップの2割が
8割を搾取し、
8割はそれを良しとしているのか
気づかないか
何もしたくないか
どうでもいいのか

なのでしょう。


当然、100年企業を
目指すなら、
後者の「籠城作戦」では
ないわけです。
攻め(イノベーション)という
変化がない企業は
2代目あたりで
先が見える
でしょう。



最近はネット社会に
なって、ある意味
原始経済にもどってきました。
情報の流通が
「ヒト依存」
であり、
自立した「ヒト」は、
一線を引きながら
その範囲の
「社会的課題」の解決に
協力しあう仲間で
循環型経済を生み出して
いける
ようになったのです。


ムラ経済ですね。


ということは、
自立した人材がいないと
自滅するということ
です。


自立とは
自分でウラをとって
自分がやりたい人生を
考えて(思いやって)
生き抜くことができる
力を備えて
行動することです。

これができて
はじめて「専守防衛」です。

他人のことより
自分ができることに
成る方が大事ですよね?
年末年始の方針で
チェックしてみませんか?



◆チームビルディングと問題解決リーダーシップ研修・セミナーのご依頼はこちらから
講演依頼
http://www.kmcanet.com/koushihaken/muramoto-mutsuko
SBマーケット
http://market.sbrain.co.jp/SearchTeacher/mode/detail/id/K0000009014/
講演.com
http://kouen.com/product_info.php/products_id/2426

◆業務の改善、イノベーションのご相談は、こちらから
http://www.j-holodecks.com/Pages/contactus.aspx

【個人の方向け、12月、電話相談 お試し1回」プレゼント!】ボイスマルシェ新規会員登録で、4,320円分の仮想通貨プレゼント!
お試しコース(25分)なら「1回無料」で体験頂けます。

■キャンペーン期間■
2015年12月1日0時~2015年12月31日23時59分まで
https://www.voicemarche.jp/campaigns/12

<<マルシェフランはこんな使い方ができます>>

●お試しショートコース(25分)で使う
⇒ 1回無料で受けられます。1,000マルシェフランが残ります。

●メインコース(55分)で使う
⇒ 4,000マルシェフラン分の割引として使えますので、
 差額分の8,000マルシェフランをご自身で購入頂き、
  カウンセリングを予約してください。
(1,000マルシェフラン=税込1,080円)


キャンペーン特典は、お悩みにあわせてお好みの使い方をしてください!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム