ING生命の親会社に、オランダ政府が公的資金投入 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田 勉
保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ING生命の親会社に、オランダ政府が公的資金投入

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
法人保険 法人保険で節税対策・決算対策
ING生命(アイエヌジー生命)の親会社に、オランダ政府が
100億ユーロ(約1兆3600億円)の公的資金を投入することに
なりました。

アイエヌジー生命は、中小企業のための法人商品や、金融機関
窓販向けの運用商品を得意としている保険会社で、
ヨーロッパではサッカーのスポンサーなどで有名な保険会社です。


オランダ政府の財務相は会見で、「INGは健全な金融機関だが、
不安定な市場を考慮して資本増強が望ましいと判断した」と説明。

当社もING生命の代理店をしておりまして、頂いた資料によりますと、
9/16日時点でサブプライムローンによる影響は1億ユーロ(165億円)で、
2008 年6 月末時点での総資産は1 兆3,699 億ユーロ(約222 兆6,498 億円)
となっていますのでたいした影響ではないとの判断でした。

その後、世界同時株安の影響で、損失も膨らんでいるかとは思いますが、
今回の公的資本注入はINGグループが元オランダの国営だったこともあり、
オランダ国民に安心を与えるための処置のようです。

また、今現在日本のING生命の売却予定は無いと発表されています。

とは言え、今後も売却される可能性がゼロとは言い切れないでしょう。


日本における外資系生命保険会社も、本国の事情により、
再編の可能性も否めませんね。


 →「企業の財務強化・節税対策」