何度でも言います14〜肩甲骨 寄せる姿勢を続けてると - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何度でも言います14〜肩甲骨 寄せる姿勢を続けてると

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング

YURUKUウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Bjウォーキングスクール代表
Norikoです。



良い姿勢をとるとき巻き肩に見えないように肩甲骨寄せてませんか?
一見 良さげなこの姿勢
身体にとって良くないことがいろいろと起こってしまいます。
また『巻き肩に見えないように』と書いたのは
肩甲骨を寄せる姿勢を続けても巻き肩は解消されないからです。
力を抜いたらハイ!元どおり


まず力を入れ続けるなんて普通はできませんから
油断している時すごい巻き肩に戻ってた‥なんてことが良くあります。

その姿勢が身体に良い姿勢なのだとしたら
一日中続けなければ意味ありませんよね?
でもしんどくって続けられないのは『やめてほしい』って身体の声ですよ。

肩甲骨を寄せるとき両肩甲骨の間にある菱形筋りょうけいきんという筋肉を使います。
その筋肉を使い引き寄せたままでいると
菱形筋の拮抗筋(きっこうきん)である前鋸筋ぜんきょきんという肩甲骨を前に動かす筋肉は引っ張られ続けます。すると菱形筋も前鋸筋もずっと緊張しっ放しになり
どんどん固くなり しなやかさを失っていきます。

それらの筋肉がうまく使えなくなってくると
首コリや肩コリの原因にもなってしまいます。
背中が痛いと おっしゃる方にも多いです。

また以前のブログ⇩ブラのわき肉ハミ肉も!で書きましたが
前鋸筋がカチカチに固まると
こんなことにもなりかねません。

力を入れて筋肉を緊張させたままでいることは
筋肉が強化されて良いことだと思い込まれている方いまだに多いと感じますが
それは違います。

緊張させたままでいると筋肉はカチカチに固まってしまいます。
それは動かせない筋肉を作っていくことになります。
腰が痛い肩が痛いむくみ・冷えなどの不調は筋肉が固まることで起こるのですよ。

年をとるとともに筋肉はどんどん固くなります。
ただでも固まっていくのに
固めることはそろそろやめていきませんか?

YURUKUではまったく逆のことを行っています。
身体の声を聞きながら気持ちいいなと感じる動きばかりを行います。
そうでなければ今の私はありません。

過去記事はこちら⇩⇩
『何度でも言います』
◆レッスン・セミナー情報◆

YURUKU無料会員登録
レッスン・セミナーなどの情報を
いち早くお知らせします。

代表Norikoレッスン一覧

YURUKU公式レッスン・セミナー
こちらYURUKU.JP
スクール承認のレッスン・セミナー

◾︎スクール情報
◾︎
どのレッスン受けたらいいの?
◾︎
ご受講者の声
◾︎
NorikoのFacebookページ
お会いした方繋がって下さいね!
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?
◾︎51歳  筋トレ・ストレッチゼロ生活
  なぜスタイル維持できるのか
  なぜ治療院とは無縁なのか


◾︎1115 YURUKUウォーク
大阪城ウォーキングイベント


◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡・北海道・名古屋


◾︎YURUKUウォーカー講座
   入門・認定講座 東京・大阪・名古屋・埼玉

◾︎ウォーキング個人セッション
   東京・大阪


◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。