お粗末な選択 液晶と有機EL - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お粗末な選択 液晶と有機EL

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
18年から、AppleはiPhoneに有機ELを採用するらしい。

そうなると、サムスン、LGの独壇場だ。

なぜか。

今現在でも、国はシャープの液晶が赤字ということでジャパンディスプレーとの提携、合併を模索しているらしい。

しかし、有機ELが市場に出てきて、液晶と十分、戦えるとしたら、ハッキリ勝敗は見えている。

有機ELの方が、画面が綺麗。

軽い。

フレキシブル。

省エネ。

使う側にとって、有機ELより液晶を使う意味、メリットがない。

作る側にとって、コスト、歩留まりというデメリットが解消でき、販売価格も大差なければ、現在のLEDが白熱灯や蛍光灯を駆逐し始めたようになる。

私が知る限り、有機ELはソニーが世界で初めて開発した。

そして、日本の電機各社が開発に参加した。

しかし、どうしても採算が見通せないということで、次々と撤退していった。

今さら、有機ELに再参入は、とても間に合わない。

では、液晶で頑張るか。

残念ながら、中国が大量生産で世界一になりそうか、既になっている。

これから、液晶でもないだろう。

ソニー、シャープ、東芝の相次ぐ不祥事は、この件と無縁ではないだろう。
 |  コラム一覧 |