「生きるということは命が共鳴すること」 - 婚活全般 - 専門家プロファイル

社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師
東京都
マナー講師
080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「生きるということは命が共鳴すること」

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
講習

「生きるということは命が共鳴すること」

かんなちゃん語録です 

「生きるということは命が共鳴すること」



2010年の田辺さんの癌が消えたときに湧いて来たことばです

子どもたちの祈りが通じた時のことばです

広島の子どもたちがたくさんの手紙や千羽鶴や寄せ書き

絵本まで書いてくれました

その思いが通じて癌が消えました

本当の話なんです

かんなを通じて出逢ってくれた広島の子どもたちと田辺さん

命が共鳴したんだと思います

今度はかんなが命の尊さを教えてもらいました




松本栄一さんがあの日かんなを見つけてくれて

シャッターを押してくれた

命を共鳴させてくれたからカンナは生きることができました

「命が共鳴することが生きるということ」なのではないかな

と思います


原爆投下の日お腹の中で被爆した赤ちゃん

その赤ちゃんの命はかんなの命と同じように

周りの人を共鳴させた 

周りの人たちに勇気を与えた

そう思います

その赤ちゃんが50年後原爆資料館に

かんなの写真を掲げました

60年後その写真を見てかんなを伝え続けました




1945年必死に咲いたかんな

かんなの命に共鳴した松本さん

胎内被爆して資料館の館長さんになり

松本さんの写真のカンナに共鳴した畑口さん

その写真に共鳴した私

その私に共鳴してくださったのが田辺さんです

そして広島の子どもたちです

広島の子どもたちは田辺さんの命と共鳴した

そして奇跡を起こした

癌を消した



私たちは命を共鳴させることができたとき

生きる意味を知ることができる

命を愛おしく思います


命だけでは生きられない

命はなにかと共鳴して生きることができる


そんな気がします




「生きるということは命が共鳴すること」


カンナリレーが 命を共鳴させる


世界中の人の心にカンナの花を咲かせることは

命を共鳴させること



福島の被災地仮設住宅で越冬したカンナのバトン











カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マナー講師)
社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師

孔子の教え「恕」の精神を科学で紐解くマナーコーチング講師

単なるマナー講座ではなく、マナーを身につけること、所作や姿勢を変えることで、生き方を変える「マナーコーチング」を実施。自信をもち、人生を生き生きと生きるための「TOCfEコーチング」を実施。悩みをご自身で分析するファシリテーターをつとめます。

080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「講習」のコラム