カラーカウンセリング~その5:色の熟語~ - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カラーカウンセリング~その5:色の熟語~

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

こんばんは

今回は色の熟語です。


熟語といえば…学生時代にテストで「天〇無〇」の穴埋め問題が出てね。

私、自信たっぷりに解答したんだけど、答案返却時に先生が…


「正解は天衣無縫。天地無用もいいが…一人、天下無敵と書いたヤツがいた」


…痛いっ!先生、視線が痛いっ!私を見てるっ!


さて、思い出話はこのくらいにして。


色それぞれに意味があることは何回もお話ししました。

色は単色ではなく組み合わせて使うことが多く、カウンセリングでは、この組み合わせも重視します。

組み合わせた色により、独特の意味を持つことがあるからです。


例えば…


赤&黒:強いショック・怒り・母親への愛情欲求

青&黄:自立と甘え・理想と現実のギャップ

緑&黒:心身の消耗や疲労・感情の抑圧


組み合わせとしては類似色相(似た色同士)ではなく対照色相(全く違う色同士)であることが多く、そのため相反する感情を表しているパターンが多くなります。


前回お話しした、2色を選んでセルフヒーリングを行う場合(参考:カラーカウンセリング~その4:セルフヒーリング~)、その組み合わせが独特の意味を持つ熟語かどうかによっても、解釈が変わってきます。


ま、慣れるとなんとなく分かるけどねぇ~