可哀そうね、ごめんね..と思うのはやめてください (被害感を持たせないでお互い自立する) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

可哀そうね、ごめんね..と思うのはやめてください (被害感を持たせないでお互い自立する)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回は珍しく、アシュタールが個人的な「ペットとの接し方」に付いての相談に答えております♫

《 ゚Д゚》~ ♡

私は常々他者に対して「可哀想だ」と同情する事ほど相手に失礼な事はないと思って生きて来た人間なのですが、今回のアシュタールのメッセージはそれを解説してくれている様な内容になっていると感じました♫

 

又ここに書かれている事は、ペットとの間だけではなく家族関係含めた人間関係に於いても同じ事だと私は共感できます。

☆_(_☆_)_☆

 

 

Q. 飼っている小型犬が、とても寂しがりで・・どうしていいか困っています。

出かけるときはずっとついてきて離れないし、

帰ってきたらうれしくていろんなところでおしっこしてしまう。

ずっと一緒にいてあげられたらいいんですけど、そうもいかなくて・・

どうしたらいいのでしょうか・・?

 

【 アシュタールのメッセージ 】

 

こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

 

 

一人にさせちゃってごめんね~~、さみしいだろうけどちょっと我慢してね・・

っていう人の思念を犬が受け取っているのです。

一人でいることは、さみしいことなのだ・・と!

だから、そういう行動になるのです。

 

 

それは、その子を被害者にしてしまっているということです。

依存しなければ、生きていけないと思い込んでしまったのです。

一人では生きていけないんだ、

そして今から自分は一人になってさみしい思いをしなければいけない、

かわいそうな子なんだ・・と思い込んでしまっているのです。

 

 

精神的に自立していれば、一人で部屋にいても楽しく過ごすことができます。

でも、被害者的な思いを持ってしまえば、一人でいることが苦痛で仕方がなくなるのです。

そして自分をこんな苦痛な気持ちにさせる人に怒りを覚えるのです。

で、いろんなところにおしっこをして、人を困らせようとします。

 

 

また、一人でいなくてもいい、自分を保護してくれる人が帰ってきたという喜びからも

おしっこしてしまうこともあります。

どちらにしても、被害者的なところから発する行為なのです。

 

 

ですから、可哀そうね、一人にしてごめんね・・と思うのはやめてください。

人がいなくても、その子は楽しく、自分の好きなように過ごすことができます。

自由にその時間を満喫することが出来るのです。

その子を信頼してあげてください。

 

 

そして、出かけるときは、ごめんねなどの罪悪感ではなく、楽しんでくるね、

あなたも楽しんでいてね・・と声をかけてあげてください。

そうすれば、お互い楽しい時間を過ごすことができます。

お互い、自立することができます。

 

 

理解していただけましたでしょうか?

 

 

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

 

 

 

 

 

私が昔飼っていたいたポメラニアン♫

女の子で名前はピンクでした♡

(^^✿

 

この子は生まれた時から緑内障で眼が悪かったのですが、

お散歩する時はリード無しでも私の足音を頼りに、私と一緒にとても嬉しそうに思いっ切り走る事もできました♫

 

未熟児で生まれて成犬になっても「子犬ですか?」と聞かれるほど、生涯 "万年赤ちゃん" の様な容姿から、人を思わず優しい気持ちにさせてしまう特技を持つ "淡いピンク" の様な魅力のある愛らしい犬でした♡

( ・・) ~ ♡ ♡ ♡

 

この子は私が契約ダンサーとしてクロアチアに行く時に一緒に連れて行きましたし、その後私が急遽結婚式を(当時旦那様の故郷であった)ルーマニアで挙げる事になった時も勿論一緒、そして日本に一緒に帰国した国際的な(!?)犬でもあります。(笑)

(ポメラニアンは向こうでは珍しい犬種だったらしく、多くの人達に「超可愛い♫キツネ?この子欲しい~~~♡」と言われたり致しました。(笑) )

 

そして日本に帰国して何年か経った頃、彼女は自分の最期を私に看取らせてくれた、最後までとても飼い主孝行な子でありました。

覚悟はしていても彼女が亡くなって私はとても悲しくて、当時一週間くらい身体に力が入らなくなった思い出が懐かしく思い出されます。

♡_(_♡_)_♡

 

 

ちなみに人間に愛情を持って飼われた動物は魂が向上するのだそうで、今まで私と縁があったペット達は、「もしかしたら皆、今は人間に生まれ変わっているのかも!?」なんて楽しい妄想をする私です。(笑)

(*^^*) ~ ✿

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年