『褒める』と『認知する』のちょっとした違い - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『褒める』と『認知する』のちょっとした違い

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

誰かを賞賛するときに使う表現。

私はこれにはざっくり、ふたとおりあるのではないかと思っています。

ひとつは『褒める』

「よく勉強したね」「頑張ったね」「大きな仕事をしたね」

これは何かとの比較だったり、評価だったりすることが多いようです。

もうひとつはあまりなじみない言葉ですが『認知する』

こちらは見ている側の心が動かされるような表現だったりします。

「見ていて勇気がでてきた」「心に響きました」など。

ここには言う人の感動が込められている感じがします。



以前、友人が大学の先生から言われたという最大級の認知の言葉は、こんなものだったそうです。

僕は君の考えを支持していない。
でも、君がそれを主張する権利を僕は守りたいと思った。



グレータープレゼンス(横浜元町)星 和美
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ
PMPプロジェクトマネジメントプロフェッショナル
国際NLP協会認定NLPトレーナー

 ◆強みがわかるメール講座
 ◆クライアントさまの実例
 ◆クライアントさまの声
 ◆サービスメニュー
 ◆お問い合わせ

横浜を基点に、関東以外からもキャリア・強み・英語に関するご相談をいただいています

 |  コラム一覧 |