民宿は合法的、では民泊は? - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年11月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

民宿は合法的、では民泊は?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

「空室や空き家」の管理の問題を抱えている人も多いとは思いますが。

その管理の問題の解消というのか、空室や空き家でお小遣いを稼ごうというのが
いわゆる民泊です。
今のところ民泊は非合法的で、トラブルも多いようですね。
借り上げ社宅として借りた一室で民泊をしていたり。

ところで、
そんな民泊の部屋の管理やトラブルには、どのような対処をするのでしょうか?
請け負う会社もあるようですね(こちらをクリック)。

大きな家屋の空いた部屋や、農家の小屋を利用して宿泊客を迎える…これは民宿といわれるものの原点です。
民泊も民宿も、どちらも「空室や空き部屋」の活用、つまり同じルーツなんですね。

ただし、民宿は民泊とは異なり、合法的な事業で、営業許可も取得しています。

なので、
民宿と民泊は一緒にはできません。

ルーツは同じなのですが。

民泊の法的な扱いは、今後、どのような展開になるのでしょうか?

その場合、民宿事業には、何らかの影響はあるのでしょうか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム