アベノミクス後の不動産投資環境 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

巻口 成憲
リズム株式会社 専務取締役
東京都
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アベノミクス後の不動産投資環境

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

本日、日銀金融政策について発表され新しい追加策はないにしても現状の金融政策を

維持していく事となりました。この金融政策はアベノミクス政策のひとつで昨年からの

国内経済に影響を与えています。

新3本の矢が発表されたアベノミクスは今後の政策はマーケット、特に不動産市場へは

どのような影響を与えていくのでしょうか。今回は今後のアベノミクスとアベノミクス後の

不動産投資環境について、予測を立てました。

 

●アベノミクスの政策と不動市場への影響

機動的な財政出動、大胆な金融緩和、民間投資を喚起する成長戦略という3本の

政策を柱として安倍政権の経済政策がはじめられたのが2012年でした。

財政出動では総額20兆円の公共事業が行なわれ、金融緩和ではこれまでにない

量的・質的金融緩和により、2%のインフレターゲットが目標とされました。成長戦略としては

再生可能エネルギー分野への投資、環太平洋経済連携協定(TPP)での国内産業の

国際的競争力強化、女性・若者の労働市場での活用などさまざまな政策が実践に移されました。

続きはこちらから (Leeways online記事Pick up。)

 

巻口無料講演セミナー(REISMマンション投資セミナー)の詳細・お申込はこちらから

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「日銀の国債保有額300兆円超え!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/09/04 13:20)

「問われる“日本の稼ぐ力”」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/07/10 16:31)

日銀の国債保有額、ついに民間金融機関を超える! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/10/05 17:05)

「日本銀行、ついに15兆9303億円保有!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/06/22 15:13)

「超長期国債発行増の潜在リスク」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/18 11:41)