人は分けてもわからない - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「そんな一部分だけ見て、良くなると思っているのだろうか?」

ガンの治療方法では、
ガンのある場所だけを狙って切り取る方法が
どんどんと進んでいます。

確かにガンを切り取れば、そこにある
ガン細胞は無くなります。

でも、患者さんのガン体質は
治るわけではありません。

体中で電子が不足して、ミトコンドリアの
細胞の寿命管理がうまく働かないから
ガン細胞ができます。

抗がん剤は、良い細胞もガン細胞も壊すので
結局は体の免疫力が無くなり、
免疫力低下が原因の肺炎などで亡くなります。

まれに抗がん剤が合う人がいますが
うまくいくかどうかは、ギャンブルのようなものです。

当たればラッキー、外れれば副作用だけです。

車などは、問題を切り分けて考えれば
どの部品を交換したら良いかわかります。

しかし、人間の体はわけてもわかりません。

お互いが連携して複雑な働きを
支えています。

場当たり的な対応では、その場しのぎで
結局最後にはうまくいかなくなります。

それよりも、低下した細胞の機能を
どうやったらあげられるかを考えた
ほうが、長期的にも効果があります。

細胞は電子が無いと、ATPを大量につくる
ミトコンドリアの活動が低下します。

これが、ガン細胞を増やす原因に
なります。

それを改善するには、電子を
細胞に送り込むことが有効です。

ビタミン点滴などは、まさにそういった
電子を送り込むための方法です。

なぜか保険適用外なんですけど、

ただ、難点としてビタミンは貯蔵できないので
一回送っても、あまったビタミンは
排出されてしまうということです。

ですから、他にも電子を送り込むための
方法を併用することが重要です。

食事やお水、そしてライザブをお勧めします。

ライザブについては、こちらをご覧ください。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。