生き物は電子で動いている - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生き物は電子で動いている

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般

 「グルコサミンが、」
 「コンドロイチンが、」
サプリメントの宣伝を見ると、
目新しい物質の名前が常に出てきます。

よくもまあ、こんなに見つけてくると
感心しますが、ほとんどのものは
気休めか、思い込み、はたまた
体に悪いといったものがあります。

そもそも、ほとんど吸収されない
吸収されても、届かない。

挙句の果てには、サプリの
カプセルやそのほかの成分が
有害というケースもあります。

アメリカの医師会によると
ビタミン以外のサプリメント摂取は無意味
と言われているようです。

では、どうしてビタミンだけ特別かといえば
体に電子を補給してくれる存在だからです。

高校時代に生物を勉強すると
必ず出てくる
ATPの合成経路。

昔は、
「なんの意味かわからずに、単純に丸暗記していました。」

しかし、今になって改めてみると
ATPは体を動かすエネルギーで
すごい重要な存在だとわかります。

「もう、早く言ってよ。」
と言いたくなるぐらい重要です。

ATPが無いと、細胞は何にも働けないのです。

つまり、栄養を吸収したり、筋肉を再生したり
肌のつやを良くしたり、しわをとったり
そういった働きをさせるには、とにかく
ATPが必要なのです。

そのATPを体内で作るには、電子が必要です。

つまり、人間だけでなく生き物は
電子で動いているというわけです。

といっても、細胞一つ一つに電子を送り届けるには
食べ物を食べて、吸収して、血液に乗せて
ビタミンを運んで、、。

という複雑な流れがあります。

例えば、冷え性だとすると
血液は末端までうまく運ばれないですから
ATPはあまり作られず、機能が低下します。

つまり病気になりやすくなります。

この状態は、いつでも病気になれる準備段階なので
非常に危険な状態と言えます。

それを改善するには、とにかく
ビタミンなどで電子を体に補給することです。

例えば、ガン細胞の転移は
電子の少ない細胞に起こると言われています。

ですから、ガンになった方は
とにかく細胞に電子をたくさん送って
体の機能回復を促す必要があります。

このように、生き物は電子をうまく体内に
補給できていれば、病気もせず長生きできる
可能性が高まります。

私は、そういった面で気功をお勧めしています。

ただ、気功はちょっと一般的でなく
敬遠される人もいると思います。

そんな人には、
ライザブをお勧めしています。

ライザブについてはこちらをご覧下さい。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。