ダイエットを阻む意外な原因「電子レンジ」 (健康を損ない肥満を招く危ない調理器具) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ダイエットを阻む意外な原因「電子レンジ」 (健康を損ない肥満を招く危ない調理器具)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

今回もコラムのテーマも健康に関する話題です♫

今回は又違った視点から、健康及びダイエットに関する話題をお届け致します。

☆_(_☆_)_☆

 

皆様は電子レンジをお使いになりますか?

私は昔から電子レンジで温めたり調理する事は、食べ物の組織を破壊し健康に良くないものというのを存じておりますので、自宅には電子レンジを置いた事がありません。

(^^✿

 

世界では随分前から電子レンジで調理したり温めたりする食品が、いかに健康を損なうものかというのが一般的に知られて久しいのですが、私達日本人はその様な情報を隠蔽されてしまっていてあまり話題にされずにおりますね?

一体政府は何故この様な大事な事を国民に伝えないのか?というのが、私はとても不思議です。

( ・・) ???

 

でも世の中の裏のカラクリを知れば「何故政府は敢えて知らせないのか?」という事も分かりますし、

又「利権が絡んだ "儲け主義の政治家大国" の日本らしいなぁ!」という事が分かって参ります。

 

ですのでこの日本では、便利だからと気軽にお使いになっておられるご家庭がまだ相当多い様にお見受け致します。

(・_・;)

 

勿論中にはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、まだその弊害に付いてお知りで無い方の為に、今回は以下の転載記事をお届け致しますので、どうぞご覧下さいませ。

✿_(_✿_)_✿

 

 

 

電子レンジの使用をやめた方がいい理由

電子レンジの使用をやめた方がいい理由とは
Here’s Why You Should STOP Using Microwaves

2015年4月15日【anonhq】http://anonhq.com/heres-stop-using-microwaves/ より翻訳




免疫力の弱化細菌やウィルスの感染に対する抵抗の低下ヘモグロビンの減少出生異常ガンなどは、電子レンジを使用して料理や再加熱をする際の有害な影響のごく一部にすぎません。

まだ信じられませんか?もっとありますよ。

電子レンジの放射線は外部に漏れ、人体の細胞と組織に損傷を与えます。電子レンジで調理、あるいは再加熱された食品はコレステロールやストレスレベルを上昇させ、白血球を減少させることが確認されています。

FDA(米国食品医薬品局)によると、電子レンジは食べ物を加熱するのと同じ仕組みで体の細胞を加熱することがあるということです。


電子レンジの放射線を、漏洩する放射線の限度である5mWを軽く上回るほど大量に被ばくすることで、やけどや白内障、一時的な不妊症などが起こされる可能性があります。身体の組織がマイクロはに直接、被ばくした場合、激しい変形が起こり、マイクロ波病(マイクロ波による機能障害)の原因となる場合もあります。

高レベルのマイクロ波に被ばくした人は、様々な症状が起こります。

【症状の一部】

・慢性的な不眠症や寝汗、その他様々な睡眠障害
・頭痛とめまい
・リンパ節の浮腫や免疫力の弱化
・認知障害
・うつ、怒りやすくなる
・吐き気、食欲の低下
・視界・目の疾患
・頻尿、やたらと喉が渇く


使用中の電子レンジの近くに立っているだけで、最高で400ミリガウスの放射線に被ばくする可能性がありますが、わずか4ミリガウスを上回るマイクロ波の被ばくが白血病と強く関連性があることが認められています。


アメリカの家庭の90%にある電子レンジは、食品に含まれているたんぱく質や抗酸化物質、そして栄養素全体に影響を与えます。電子レンジを使用した食品の熱い部分は、火傷の原因、あるいは蒸気爆発まで熱がたまる原因となるほど熱くなることがあります。

発がん性のある有毒物質はプラスチックや紙の容器・蓋からにじみ出て、食べ物に入ることもあります。

油脂の多く含んだ食べ物をプラスチックの容器に入れて電子レンジにかけると、

ダイオキシン(発がん性物質として有名)
ポリエチレン・テレフタレート(PET)
ベンゼン
トルエン
キシレン
ビスフェノールA(BPA)、BPS

などの女性の生殖要因脳の成長の機能障害、その他にも糖尿病前立腺の疾患との関連が認められている化学物質の放出につながります。


1991年、オクラホマ州で病院が輸血に必要な血液を温める際に電子レンジを使用したことに関する訴訟がありました。輸血用血液は定期的に温められていますが、電子レンジは使用されていません。

この訴訟は、でん部(お尻)の手術の患者で輸血で死亡ノーマ・レヴィットさんが関与しているものです。看護士が血液を電子レンジで温めたためたことにより血液が変化し、そのため彼女が死亡してしまったのです。

電子レンジによる加熱には、私たちが信じさせられてきた以上にもっと奥が深いということが明白だというのは、そのためです。



電子レンジを使用しない方がよい理由をさらに、次にあげました。スイスやロシア、ドイツなどの臨床研究などに基づいたものです。

・電子レンジで加工された食べ物を食べ続けていると、脳内の電気インパルスが「ショート」を起こし、そのため長期的、永久的な脳の損傷の原因となる。

・電子レンジで加熱された食べ物に生成された未知の副生成物を、人間の体は代謝することができない。

・電子レンジで加熱された食べ物を継続的に食べ続けることで、男性・女性ホルモンの生成が停止、あるいは変化する。

・野菜に含まれるミネラル分は、電子レンジで調理されると発がん性のあるフリーラジカルに変化する。

・電子レンジで暖められた食品は、胃や腸内のガン性増殖の原因となり、アメリカ合衆国内で結腸がんの発生率が急速に上昇している第一の要因である。

・電子レンジの食品を食べることは、記憶力や集中力を失い、感情的な不安定さや知力の低下を引き起こす。

・電子レンジの一般的使用開始から、肥満および糖尿病の羅漢率が急激に上昇した。

・母乳を電子レンジにかけると、多糖類を加水分解する酵素であるリゾチームの活性を低減し、重要な免疫体を減少させて潜在的に危険な細菌の働きを強化する。



(翻訳終了)




******



【コメント】


一部の人たちには常識になりつつあるかと思いますが、電子レンジの使用に関する危険がわかりやすくまとめられていましたので、取り上げられました。

電子レンジだけでなく、IH調理器も同様に危険だと言われていますね。

我が家でもここ数年は使っていませんが、元々あまり使うこともなかったのですが、調理法などを工夫することに慣れれば別に問題はないです。


【保有率3%】新興国に見る「電子レンジのない暮らし」の豊かさとは?
 (しらべえ様)

こちらの情報によると、日本では1961年に業務用が、そして翌年には家庭用のものが普及し始め、日本での各家庭での電子レンジの普及率はなんと!97.5%だそうです。

この普及率は、おそらく世界一レベルじゃないでしょうか。

便利なのもいいですが、それが長期的に健康を害することになるとなると・・・慎重に考えたいものですね。





【関連記事】

携帯の電磁波と不妊症の関連性、そして銀入りの電磁波防止パンツ

★親の携帯電話中毒により子供の発育を妨げられる可能性
→これは生物学的な問題と言うよりは、精神的な問題ですが。。。


ロシアが電子レンジの使用を禁止した本当の理由


イタリア最高裁で携帯電話による脳腫瘍で労災認定、日本で認められる条件(My news Japan様)
 
 
 
 
 
 
 

以上、転載記事でした。

☆_(_☆_)_☆

 

「こんな所に肥満と病気の原因が隠れていたとは…!」とショックを受けられた方も多いかもしれませんし、

これが太ってしまう一つの原因だとしたら「どうりでいくら食事を気を付けたり、筋トレに励んでも自分は痩せない訳だ!」と納得された方もおられるかもしれません。

(^^;

 

やはり毎日の食事に心を込める(IHなどという電気を使ったものではない)火というエネルギーを使う手間をかけたお料理と、手抜きができる調理(冷凍食品や出来合いのお惣菜を温めるだけ・コンビニで温めてもらうだけ等)で出来上がってしまうお料理とでは、

栄養の面から言っても、波動の面から観ても、どちらが人間の体に良い影響を与えるものか?というのは歴然としておりますね?

(^^;;;

 

ダイエットも人生も、基本は「面倒くさがる事をせず、丁寧にハートを込め手間をかける」という事が一番大事な事なのではないでしょうか?

( ・・) ~ ♡ ♡ ♡

 

最近の人達がすぐキレるというのも、やたら癌や糖尿病や奇病・難病などの病気が増えたのも、もしかしたら電子レンジが普及したという影響が、一因としてとても大きいのかもしれません。

(・。・;;;

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年