スムーズで風通しの良い人間関係 (提供し合う事と依存との違い) - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スムーズで風通しの良い人間関係 (提供し合う事と依存との違い)

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

 

【 さくやさんからのメッセージ 】

 

出来ないこと、苦手なことは・・助けを求めてもいいのよ

それは 甘えじゃないから。

 

 

出来ることなのに、自分で考えることがめんどくさいからといって人に頼るのが甘え。

人には必ず得手不得手がある。必ず・・ね。

だからすべてを全部自分で出来る人はいないわ。

だから全部を自分一人でやろうと思う必要はないの。

 

 

得手不得手があるのは完璧じゃない・・なんて思わないでね。

完璧なんてそんなものじゃない。

あなた達は完璧の意味を違うように教えられてきちゃったから苦しくなっちゃったの。

何もかもすべてのことが出来ることを完璧と言うんじゃないのよ。

自分の得意なことを知っていて苦手なことも知っていて、

得意なことは提供して 苦手なことは得意な人に任せられる・・

これが完璧だということ。

 

 

だってそれで完璧に出来るでしょ?

凸と凹があわされば完璧な四角(□)になるでしょ?(笑)

一人で四角(□)にならなきゃいけない・・って頑張る必要はない。

 

 

これはちょっと余談になるけど・・

江戸時代の子たちは提供し合うのが当たり前だったのね。

だから手助けしてもらっても 何か引け目を感じるとか 

恩にきていつまでも それを忘れず感謝し続ける・・なんて考えもしてなかったわ(笑)

 

 

お返しをしなきゃ・・なんてことも考えなかった。

助けてもらって当たりまえ・・助けるのも当たりまえ。

そこには何もパワーバランスなど発生しなかったから 

とてもスムーズな風通しのいい人間関係があったの。

 

 

今のあなた達の社会では 助けてもらうことに引け目を感じてしまう。

何か助けてもらうことで自分が能力がない・・と思われるんじゃないかと思ってしまう。

自分の立場が下になってしまうんじゃないかと思ってしまう。

そしてしてもらったら何かお返ししなきゃ・・って思ってしまう。

そんなこと考えてたら めんどくさいわよね(笑)

だから助けを求めにくくなるのよね。

 

 

江戸の子達のように考えられると良いわね。

何もひとりですべてを担うことは無いわよね。(笑)

だってやりたいことが出来ればいいんだから・・

提供し合えば出来るんだから。

 

 

苦手なことに手を貸してもらうことは甘えじゃないことを忘れないでね。

たくさん手を貸してもらえばいいわ。

そして得意なことを提供すればいいの。

たくさん楽しんで提供してちょうだい。

それでとても素晴らしい世界になるわ。

 

 

人に頼る気持ち、依存は 甘えよ。

甘えあう世界は とても窮屈になるわ。

依存し合う関係じゃなくて 

それぞれに自立した”個”が提供し合うのがこれから向かう世界だということね。

 

 

あなたを 心から愛してるわ~~~。

 

 

 

 

 

爽やかな空には、愛と同じ気持ちの好い解放感があります♫

(^^♪

 

 

 

今回のメッセージ。

あぁ!何て素晴らしいのでせうか!!(涙~~~ッ)

(;。;) ~ ☆彡☆彡☆彡

 

 

これなんですよッ、私がこの世で生きていて本当に息苦しく面倒くさく、そしてとてもつまらないと感じる不自由なものは!(笑)

正に正に、さくやさん、よくぞ言って下しゃりました~~~!!

♡_(_♡_)_♡

 

 

多くの人達にこの様な心理が働いているので、

★ 与えたくても与えられない。

★ 受け取りたくても受け取れない.

という事が、そこかしこに起きているのが今の人間の社会なのですね~~~。

(^^;

 

こういう事はどちらかだけが理解してるというのでは駄目で、お互い双方が理解していないとどちらかの意識に上下関係ができてしまうので、そうなってしまうのですよ~~~。

これは特に与える側が理解していないと、受け取る側に負担を負わせてしまう事になりますね。

 

だって与えられたものを頂く時にセットで付いて来るものが、「罪悪感」であったり「無力感」であったり、「お返しをしなければならない」というものであったり、「感謝を強要される」などというものを感じるのであれば、

 

誰がその様な波動の重たいものを受け取りたいと思うでしょ~か???

(^^;;;

 

与える方は自分から望んで与えたはずなのに、受け取った側が感謝をしていないと(自分の勝手な憶測で)感じると、人は何故不機嫌になるのか?

( ・・) ???

それは、与える側が相手に対して「受け取ってくれて(=自分に与える喜びをくれて)ありがとう♡」というフェアなものが無く、「してやっている」「与えてやっている」という上から目線が有る場合に必ず生じて来る事なのですね~~~。

(^^;

ちなみに、この様な発想で人に何かをお与えになる方は、相手が気に喰わなくなる様な出来事があった瞬間、「あげたものを返せ!」と必ず仰いますので、それがバロメーターでしょうか。(笑)

(^^;;

受け取る方も、そういう相手の "人をコントロールしたがる重い波動" を敏感に察してしまうから「要らない」「欲しくない」「絶対受け取りたくない」と感じる訳です。

(-_-;)

 

又与える側が無私であっても、受け取る側が勝手に「お返しをしなければならない」などと思い込んでいると、与える側も逆に「相手に気を遣わせるのではないか?差し上げて良い物か?」などとややこしく気を遣わなくてはならなくなるなど、

 

全然伸び伸びとしたコミュニケーションにならず、お互いが頭で考え過ぎた不自然な気の遣い過ぎで疲れさえする馬鹿馬鹿しいケースが、日本人には特に多い様に私の眼には映ります。(※贈り物とはお互いに「自分がしたいからする」という、もっとシンプルなもので良いはずなのに…)

( ・・) ~~~

 

 

せっかくの素晴らしい贈り物を、お互いにつまらないものにしてしまうこの様な思考癖を「皆でお互いに取っぱらって行きませんか~~~?」と、私は心の底から提案させて頂きます。

だってその方が、絶対人間が生きて行く事を楽しくさせますもの~~~♫

(*^^*) ~ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡

 

私達が各自で実践できる無償の愛とは、

"お互い様精神" である「自分の得意なものをお互いに提供し合う」「自分の不得手なものをお互いに補い合う」という事から生まれる感謝であって、

 

決して与える側が相手に強制的な見返りを求めるものではないという事を人間が理解できたら、どんなにこの世が楽しくなり喜びに満ち溢れた世界に成る事でしょうねぇ…!

…と、私はマジで思っております。

☆_(_☆_)_☆

 

でもその様な世の中になる為には、まず各自が自分にも他人にも嘘や偽善の無い「正直な自分になる」というベースが不可欠になりますが、

利害関係にまみれているこの世でそれを貫くのは、容易ではないのですね~?皆様!? (笑)

( ・・) ~ ☆彡 ★彡 ~ (・・ )

 

ちなみに利害関係で人間関係を築いていらっしゃる比率が高い人達の特徴として、何故か「聖人君子」というイメージを異様に毛嫌いするという特徴を持つ方が多い様ですが、

その方達はこの世に「聖人君子」などという人間はいないという事が、お分かりではないのでしょ~か?(笑)

(^^ゞ

 

その様な方達は、誰かに対してご自分の頭の中で勝手にお創りになった妄想を、ご自分で勝手に毛嫌いされるという一人相撲をされているに過ぎず、

それは裏を返せば、実はご自分の中に沢山矛盾を抱えて葛藤されている事から来る "自分への嫌悪感や罪悪感" を刺激されて、それを他人に投影されているという事にお気付きでないのですね。

(^^;;

 

その様な方は、"聖人君子" というご自分で作った幻を通して、それが「自分を責めている」という様に感じてしまう妄想癖をお持ちの様でございます。

それは「自分を自分自身で責めている」のであって、誰もあなた様を責めてなどいないのですが…?(笑)

(^^ゞ

 

「"聖人君子"というものの何処にフォーカスするのか?」というのは千差万別で、人間とは実に面白いものですねぇ!

心の澄んだ幼子なら「美しいものは美しい」と素直に感じるものであっても、利害関係にどっぷり浸かった大人達は、"聖人君子" というものは「偽善的な存在」としか捉えられなくなる様です!? (笑)

(・・;)

 

その様に自分のイメージで勝手に創り上げた「聖人君子」という幻のせいにするのではなく、又ご自分の本音をごちゃごちゃした理屈の言い訳で、一生懸命お化粧して隠したりなさらずに、

 

シンプルに素直に「自分はその様な生き方は無理!」とお認めになればご自分が楽になるものを…!(笑)

(※でもそれは、他人が「自分の人生をどう生きたいか?」と思う事に、お節介に自分の主観を入れて判断したり、批評・批判して介入する事とは違います)

 

だから私は最初から言っているでしょう?

この世に生まれて来る人間には「聖人君子」などいませんと。(もしいるのだとしたら、その方は人間として生まれて来る必要はありませんからねぇ…!(笑) )

(*^^*)

 

それを理解しない人間が多いから、勝手にご自分の中の罪悪感と被害妄想が膨らんでしまうのですよ。

でもだから、人間の付き合いはややこしくて面倒くさくなるのじゃ!(笑)

(^^;(^^;;(^^;;;

 

 

 

 

 

    

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年