糖質制限ダイエットして寝たきりに!? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年08月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

糖質制限ダイエットして寝たきりに!?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
 米とかパン、麺類をあまり食べないようにする
糖質制限ダイエットが流行っています。

ところが、65歳以上で糖質制限ダイエットを
すると、
・骨粗鬆症
・筋力低下
・血液ドロドロ
・動脈硬化
こういったリスクがすごく高くなるようです。

その結果、ちょっとしたことで骨折してしまい
寝たきりになってしまう人も増加していると
医師が警告しています。

若い人でも、糖質制限ダイエットをやりすぎると
・体のだるさ
・眠気
・体の麻痺
・内臓機能の低下
といったことが起こるケースが出てきています。

元々、三大栄養素として
・炭水化物
・脂肪
・タンパク質
は、しっかり取らないと体は働けません。

もちろん、毎日居酒屋で締めにラーメン屋という
サラリーマンの人は、
糖質を制限というか、食生活を
改善する必要があります。

ところが、ダイエットというと
元々痩せている人までが
ダイエット法を行うので、
結果的に病気になって
しまう可能性があります。

糖質制限ダイエットは、急激に痩せることが
できるので、面白くてやりすぎる人が
多いようですが、健康面で取り返しが
つかなくなってしまうリスクがあります。

それよりも、低下している体の
代謝を活発にして、体温をあげるほうが
健康的に痩せることができると思います。

ライザブはこちらをご覧ください。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。