いきなりガンにはならない - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
井元 雄一
(WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年11月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いきなりガンにはならない

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「あんなに元気だったのに、まさかガンになるなんて。」
と、ガンになったことに驚く方が多いようです。

・そんなに体に悪いことはしていない、
・お酒もそんなに飲んでいない
・健康診断でも問題が無かった

どちらかといえば、健康的だと
思っている方にそういった傾向が
多いようです。

しかし、突然ガンになることはありません。

ガンになるはるか前から体は
色々な形で警告を発しています。

例えば、味覚。

味覚は、食欲を高める上で
とても重要なので、味覚が
落ちるというのは、細胞の働きが
落ちているという一つの印です。

つまり、免疫力が低い状態なので
ガンになる準備に入っていると
言えるかも知れません。

例えば、弊社で扱っている
ライザブという製品を使うと
数分でお水に電子が入ります。

その結果、酸化還元反応が起こり
酸化していたお水の味が変化します。

このお水の変化がわからない人は
免疫力が落ちている方だと言えます。

そして、醤油やコーヒーといった
酸化して味が大きく変化するものも
ライザブの上に敷くと
どんどん、酸化還元が起こり

醤油であれば生醤油

コーヒーであれば、入れたて

といった状態に変化します。

この味のついた液体の変化が
わからない方は、ガン体質と
言い切っても良いくらい、
味覚が働かなくなっています。

ガンは、突然なるものではなく
こういった日常のちょっとした
変化から始まります。

では、どうやって免疫力が
落ちた状態を改善するかと
いえば、

電子を細胞に補うこと

です。

その方法は、
・ビタミンのある食べ物をとる
・気功をする
・ライザブを使う

といった方法があります。

ライザブについてはこちらをご覧ください。











 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。