帳票類 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

下村 豊
株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

各企業様で、色々な帳票類があると思います。
というか、現実にありました。
では、パソコンなどでまとめてあるデーターで十分ではないか、と言われます。
本当に、そうであれば、私も助かるのですが...。
しかし、営業員が、もしくは営業業務が書いた、入力した生の帳票に、欲しい情報が隠れていることが、多々あるのです。
なぜ?
これが重要です。
特定の顧客からの注文に注目してみます。
なぜ、この商品ばかり...
なぜ、この値段...
なぜ、この納期...
なぜ、この時期ばかり...
なぜ、こんなに沢山...
なぜ、この時間に...
商品によって違います。
場合によっては、営業担当の電話の内容やメールを確認します。
それで分からなければ、顧客に直接、電話したり、同行して直接、聞きます。
問題は、不明点を不明のままにしないことです。
中小企業の経営者様は忙しい。
だから、できなくて良いということはないのです。
例えば、お店の店長なら、朝から晩まで、店の外に立って人の流れを見るのが一番です。
できないなら、来られるお客様にアンケートを実施するのも一案です。
兎にも角にも、生のデーターを思い込みなく、素直に見てみることです。
たぶん、が一番良くない。

 |  コラム一覧 |