業績が厳しい企業の経営者の共通点 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

業績が厳しい企業の経営者の共通点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

もう一言です。
経営者と社員のコミュケーションがとれていない会社。
ある経営者が言っていた一言は、今でも忘れられません。
「自分の会社から給与をもらい、そのために商品を売るのに、サボりたい気持ちがあるとは理解できない。1件でも買ってくれるお客様を探したいのが普通だろう。」
絶句です。
経営者様。では言葉を変えます。
「営業は楽したいのです。」
これまた、???のようでした。
では、社員に、それも勤続20年以上の女性に聞いてみました。
「仕事は楽しいですか?」
返ってきた答えが、「入社以来、仕事が楽しいもの、と考えたことがありませんでした。」
えっ、またも絶句。
営業に携わる女性だったので、
「お客様からありがとう。」とか、
注文を頂いた後に、「嬉しい。」という経験はないの?と聞いてみました。
毎日のことなので、あまり感じなかったという回答でした。
お客様のために、調べものをしたり、納期調整をしたり、価格を上長に掛け合ったりしているのは、当たり前。
問い合わせ、見積もりがどうなったか、無関心のようです。
経営者様に言わせると、社員が楽しいのは仕事と別問題。
会社が教えるものではない、とのこと。
そして男性社員の一言。
自分が社長にどう思われているか関心がない。
支援期間中は、月次目標を達成したり未達成だったり、でしたが、全体では120%を達成していましたが。
当然、支援終了後、また元に戻っていました。
俺はそんな事ない、という経営者様。
どれだけ社員に関心を持っていますか?
一人ひとり、出社時の朝の様子が見れていますか?
経営者様が時間的に無理なら、経営者様に代わって経営幹部様は、その役割をできていますか?
経営者様が変わらなければ、会社つまり社員は変わりません。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。