苦しくなってからが勝負。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

苦しくなってからが勝負。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

たまたま、松岡修造さんの「炎の体育会TV」が流れていたのですが、成功の本質だなと思っていることを言っていました。

いろいろな悩みを抱えた小中学生が3日間、伊豆高原でテニス合宿するのですが、3日目には、卒業試験として、松岡さんの振り回しを受けます。テニスでは定番の練習ですね。

10回連続でネットを越えたら終了です。
が、7回目くらいからは結構つらい。

でも、その7回目くらいからが勝負なんですよね。
あきらめるのか、くらいつくのか。

些細な差なような気がしてしまうのですが、実は、重要な差なんですよね。

苦しくなってからが勝負、と松岡さんもおっしゃっていました。

仕事もプロジェクトも同じです。
平時はふつうにうまくいく。

だけれども、納期が迫ってきたり、トラブルが発生したときに、いつもと同じようなパフォーマンスを出せるのかどうなのか。

普通、ほっておいても8割までは仕事ができます、が、残りの2割は難易度が高い。
私の好きなシンスケさんの言葉、ツメが甘ければ、何もしていないのと同じ。

まさにそうなんですよね。

残りの2割をがんばれるのか。
7球目から10球目を歯を食いしばって食らいつけるのか。。。。。。。。

そこが分かれ目です。

また、書きます。

 |  コラム一覧 |