ガン体質「え、味変わってますか?」 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年02月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ガン体質「え、味変わってますか?」

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
 「え、水の味変わってますか?」
ライザブをコップの下に敷いて
数分した後に、水を飲む。

そうすると、味が変わるので
大抵の人は、その変化に
驚きます。

ところが、その変化がわからない人がいます。

私たちは、こういう人を
免疫力が低い人と呼んでいます。

次に醤油をいれた皿の下に
ライザブを置きます。

居酒屋などにある醤油は
酸化して味がにがくなっています。

ところが、ライザブを敷くと
酸化還元反応が起こり
醤油の味が生醤油に近くなります。

写真の醤油の色を比べると、ライザブを敷いた
醤油の色が薄くなっています。

これは、酸化還元反応が起こった結果です。


この醤油をなめて味の変化がわからない人を
私たちは、ガン体質と呼んでいます。

今ガンでなくても、少し刺激があれば
ガン、あるいは重病になってしまう状態に
いると考えています。

特に、味覚というのは食欲を刺激します。
食べないと人は死んでしまいますから、
この味覚が無くなるというのは
体にとって致命的なことです。

食べ物や飲み物の味がわからない人は
体の細胞に電子が不足して、
働かない細胞が増えている証拠です。

その状態が続くと、
細胞の入れ替わりが起こらなくなり
不死化した細胞(ガン細胞)へと
変わっていきます。

あなたの味覚は大丈夫ですか?

電子不足の人は、ビタミンが
多く含まれた食べ物や飲み物を
とるようにしましょう。

ライザブについてはこちら









 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。