やっぱり技術志向ですかね - 一般歯科・歯の治療全般 - 専門家プロファイル

院長
東京都
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やっぱり技術志向ですかね

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 一般歯科・歯の治療全般

[虎ノ門] ブログ村キーワード




片平歯科医院虎ノ門”インプラント・矯正センターの片平です。


毎日多くの患者さんにお越し頂きありがとうございます。
そしてクリックありがとうございます)


最近治療を行っていると、
前までしっかりとした手応えを感じにくかったことが、
よりはっきりと感じることが増えています。

たとえば、根の治療で根尖(根の先)を細い器具で探索しているときなど、
「絶対この先はあるんだ~」と思い粘り強く探索していると、「スッーと」入っていたりします。
(とても細い高額な器具を何本も使ってしまうのですが・・・・。)

ほかにも、顕微鏡を覗きながら「目的物」を以前より早く見つけることができ、
かつ的確に「ピックアップ」できるようになった感じがします。

勤務医だった10年以上前、治療中にこれ以上はすすむ事が出来なくて
YH先生に「もうこれ以上出来ないようなんですけど・」と助けを求めると、
「ここにありますねぇ~」や「こーするといいのではないですかぁ~」
と、あっさり解決したのに驚いたものでした。

文章ではうまく表現できないのですが,
「卒後18年目にしてやっとこの域に近づいたかな」
という感じです.



一般的な会社で転職なんかの場合ですと、どうやら
技術志向が強すぎる方より会社文化にフィットする方を
求められる傾向があるとかインターネットで見たことがありますが、、


われわれは何はともあれ、かなり技術志向であると思います

患者さんからよく聞くのですが、
前医で言われたことのよくある話で、

マイクロスコープだから自由診療とか
ラバーダム防湿だから自由診療とか
ニッケルチタンファイルだから自由診療とか

らしいですのですが、、

なんだかなぁ~って思います。

技術が優れているので自由診療です!
っていう先輩方が私のまわりにはたくさんいます。

ご紹介していた患者さんが当院に戻ってこられますが、
「先輩のスキルってすごいなぁ,まだまだ修行が足りない」と感じます。。

「少しずつ先輩達の域に近づいていきたい」

そう思うこの頃です。


★ おしらせ ★


医院の待合室のソファーが新しくなりました。



すこしでも多くの方にお掛け頂けるようにいたしました。







業務拡大および産休に入ります従業員の補充のため現在歯科衛生士さんの求人をしております。
当院の求人ページをご覧頂き、興味のある方は見学からご連絡下さい。

治療に対する取り組み・清潔環境・治療クオリティー
気になるところは実際にご覧になって下さい。

主任歯科衛生士の長沢、院長の片平ともにしっかりと対応させて頂きます。
お気軽に電話で「見学希望」とご連絡頂ければ大丈夫です。




☆★  お願い・お詫び  ☆★

 歯の悩みは患者さんご本人様にとって深刻なのは承知なのですが、
電話での無料相談などは、当院では行っておりません。
お電話で1時間近くお話しされるかたが、いらっしゃいますが、
受付・診療業務が止まり予約診療に支障がでてしまいます。
ご理解とご協力をお願いいたします。




 少ないスタッフと医師でやっておりますが、
なかなか予約の取りにくい状況が続き申し訳ありません。(ヒマなときもありますが・・・。)
本当に申し訳ありません

また、ご希望の時間帯によっては混雑が続き、
ご通院の患者さんにはご迷惑をおかけしております。
今後、改善できるよう、一層気を引き締めて業務にのぞみます。


予約状況は刻々と変わりますので、急なお痛みの場合は、お電話いただけますと大変助かります。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
お越しの際は、電話にてご連絡をいただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。。
片平歯科医院虎ノ門インプラント・矯正センター
Tel 03-3431-6090
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



こちらのランキングに参加中です♪
↓クリック↓してくださいね♪



にほんブログ村











 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
院長

見えない根管をしっかり診る。基本に忠実な治療を心がけています

「何回も根の治療に通っているが、いつまで経っても治らなかった」、という声を聞きますが、どうしてでしょうか。 「確実な診断」と「感染を制御する清潔な治療環境の確保」を念頭に、将来再治療を行うことのないよう最大限の配慮をしています。