磨きグセ - 一般歯科・歯の治療全般 - 専門家プロファイル

竹芝サウスタワー歯科 歯科医師
東京都
歯科医師
03-6402-1180
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
こんにちは

今日は歯みがきについて

毎日のケアとして当たり前のように行っている歯磨き
次はここを磨こう。など意識せず無意識で磨いている人は要注意です
自分では磨けた気になっていてもきちんと磨けているとは限りません

何も考えずに歯磨きを続けていると、次第に磨きグセが出てしまいます。
いつも同じところが磨けていない状態でプラーク(歯垢)が増える原因となります。

よく見られる磨きグセを紹介します。

①ブラッシングの時間が短い
皆さんは自分が歯磨きにどのくらい時間をかけているか正確に計ってみたことがありますか
やってみるとおそらく思ったよりずっと短時間で磨き終えている人が多いと思います
しっかりプラークコントロールを行おうとすると10分以上かかります
磨く時間が短ければ、磨き残しも多くなります…。
いままで、1、2分で済ませていた方は、まずは、1日一回は5分以上を目安に磨いてみてください②磨くところが偏りがち歯を磨くとき毎回決まったルートで磨いていませんか磨きはじめは比較的丁寧に磨けているのですが、いつも終盤に磨く部分は最初に磨いた部分に比べて磨きが甘くなりがちです奥歯から順番を決めて磨いたり、磨き残しが多い歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを上手に使い、磨き残しを減らしましょう③強くゴシゴシ磨いてしまう磨いた気がしない』といってゴシゴシ磨いてしまう方もいると思います。硬い歯ブラシで力を入れて磨きすぎると、歯や歯茎を傷つけまてしまいます。さらに、知覚過敏の原因となる可能性も…。特に磨きやすい歯や、利き手と反対側を磨く時は過度な力が入りがちです。歯磨きをするときは、手首を楽にして歯ブラシを持ち軽い力で磨くように心がけてください
無意識のクセは自分では分からないことも多いので、歯科医院を受診し歯科衛生士にチェックしてもらうことをおすすめしますまた時間が経つともとに戻ってしまうので、定期的に検診に行って綺麗な歯を保ちましょう
浜松町駅から徒歩10分 竹芝サウスタワー歯科03-6402-1180
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
竹芝サウスタワー歯科 歯科医師

痛くない治療を目指します。

痛くない治療と歯を守る予防歯科をベースに短期間での治療を目指します

03-6402-1180
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。