成”幸”学の専門家「執念のある者とない者の違い」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
杉山 春樹
杉山 春樹
(飲食店コンサルタント)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「執念のある者とない者の違い」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

『執念のある者とない者の違い』




「執念ある者は可能性から発想する。



執念なき者は困難から発想する」


(松下幸之助)



これは、“経営の神様”と言われた松下幸之助氏の言葉です。



大変、意味深い、

成功者の考え方が表現された言葉ではないでしょうか。



また、この言葉は、


「執念がある者」と「執念がない者」との違いを、

一言で、非常に上手く表現していると思います。



「可能性から発想する」のか?


それとも、「困難から発想する」のか?


当然と言えば当然ですが

同じことでも、発想が違いば結果も違います。



数多くの成功者の歴史を調べてみると、

「諦めない」と言う意識がずば抜けて高いです。



私たちは、途中で諦めた人たちの歴史を

知ることはできませんが


諦めることなく、執念と執着を持って

前進し続けた人たちの歴史を知ることはできます。



そして、諦めることなく歩み続けた人たちを

私たちは成功者と呼ぶのでしょう。



今日の松下氏の言葉は、


その人の発する言葉によって


「やる気」、「本気度」が分りますよ。

と言っているようにも思います。



言葉を変えるなら


「難しい!!」、「できそうにもない!!」などの

否定的な言葉を発しているうちは


これを「必ず、やり遂げる」という

確固たる信念ができていないということです。



「必ず、やり遂げる」という確固たる信念からは


「どうすれば上手くいくだろう」、「どうやればできるだろう」

という言葉が発しられるはずです。



そして、「どうすれば・・?」と考えることが大切なのです。



私たちには、夢を達成させてくれる


“素晴らしい神”が存在しているのです。



その神が、「考える」ことで、

その答えを導くために働いてくれるのです。



このことが非常に大切なことだと私は考えています。



その神とは、誰にも備わっている『潜在意識』です。


「できる」と考えるか、「できそうにもない」と考えるかで


潜在意識の働きも違ってきますから


結果に、天地ほどの大きな差が生まれるの当然です。



このことを心に刻み、


「やること」が決まったなら、


「絶対に達成する」、「必ずやり通す」と言う言葉を


自分自身に発しましょう。



「言葉はちから」です。


その口にした言葉が、


「絶対に達成する!!」という執念を生みだし、


「必ず達成できる!!」という確固たる信念となるでしょう。



そして、その確固たる信念が、


私たちの素晴らしい神(潜在意識)を動かすことになり、


神が、その目的達成へと導くのです



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて、


明るく、元気に、


自分自身に


「絶対にやる」、「必ずやり通す」」と掛け声を掛けて


ウキウキ、ワクワク、しながら


神様(潜在意識)に働いてもらいましょう。



そして、目差す目的を達成しましょう。


大丈夫!大丈夫!


あらゆる点で一層良くなる!


必ず良くなる!


良かった!良かった!


ツイてる!ツイてる!


ありがとう!


素晴らしい仲間達と


共に生き!!


共に歩み!!


共に成長しましょう!!

-------------------------------------






























































 |  コラム一覧 |