【良い姿勢】お腹とお尻に力を入れておく? - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【良い姿勢】お腹とお尻に力を入れておく?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. 姿勢・ウォーキング
YURUKUウォーク(前Noriko式ウォーキング)のBjウォーキングスクール代表Norikoです。

脚が綺麗にそろい身体がまっすぐに見えるように姿勢を取ったとき
お腹とお尻にキュッと力を入れておかなければ維持できない人はたくさんおられるはず。

力を入れておかないと維持ができないのは身体が閉じてきてしまっているからです。

その力を入れた状態で立つことはできたとして歩くことは?
ずーっとがんばって力を入れておくか
諦めて力を入れるのをやめるか
の どちらかですよね。

ずーっと力を入れたまま歩くとどうなるか。
筋肉の動きが制限されリンパ液の流れが悪くなります。
疲れやすくなったりむくんだりしてしまいます。

逆に諦めて力を入れるのをやめると
身体をまっすぐに起こせていないわけですから
歩く筋肉がうまく使えません。
そうなるとやはり疲れやすくなったり腰が痛いとか股関節や膝が痛いなど歩くのが辛くなる場合があります。

歩いているときものびのび筋肉が動くようにするには
力をこめずに立つことができる身体になること。
閉じてしまった身体を元に戻していき
身体が閉じる方向に動いてしまっているクセを良いものに変えていくことをします。

筋肉ってのびのび動くように使うのが一番なんですよ。
柔らかい筋肉だと
身体は楽だし片足立ちなんて簡単だし脚はすっと前に出るしいくらでも歩けます。
私が何より嬉しかったのは何をやっても解消しなかった下半身太りが解消したこと。
この力をこめずのびのび歩くことこそが私のセルフケアなんです。
歩くことをしていれば元に戻ることは考えられないですから。
嬉しいことにインストラクターや生徒さんの中に
この状態になった人が増えてきています。
私が「歩いてたらいい」と言っているのを身体で理解した人は
どんどん素敵になっていかれています。

日常の動作に辛い思いをする必要なんてないんですよね。
そうする必要がないようにちゃんと身体はできていることに
私は感謝の気持ちでいっぱいです。




◆レッスン・セミナー情報◆

Norikoおよび公認インストラクターの
YURUKU公式のレッスン・セミナーは
YURUKU.JP⇦クリック

◾︎スクール情報
◾︎ご受講者の声
◾︎無料 会員登録
◾︎
Norikoの何度でも言います
◾︎
そのダイエット間違ってない?

◾︎
日本ノルディックウォーク学会学術大会にて講演
  札幌  一般ご参加可能です

◾︎インストラクター養成講座 
   東京・大阪・福岡(開講決定)


◾︎YURUKUウォーカー講座
   入門・認定講座 東京・大阪

◾︎ウォーキング個人セッション
   東京・大阪


◾︎動画ありの記事

◾︎テレビ番組で行ったレッスン動画
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに!!

私達YURUKUウォークは☆健康に過ごしたいが、何をやっても改善されない☆ジムに通ったけど、続かない☆シニア世代なので頑張るトレーニングは辛い方の為に、筋肉を緩め、正しく立ち歩くケアを教授しております一生涯のウォーキングを身につけます!